PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平湯温泉 ひらゆの森

新穂高の湯 入口新穂高の湯 冬季閉鎖の案内
今回は、連休を利用して掛け流し温泉を求めて巡る旅に出掛けてきた。
1湯目は、長野県の
「白骨温泉 泡の湯」に入泉。
安房トンネルを抜けて岐阜県の平湯温泉に入り、2湯目の
「平湯温泉 不動明王 神の湯」を出た後、今夜の宿泊の中尾高原へ向かう。
中尾高原の入口に有名な混浴野天風呂「新穂高の湯」があるが、
訪れた日には、まだ再開されていなかった…残念。
宿泊したのは、民宿だったが硫黄臭のする単純泉を貸切露天風呂で、
思う存分堪能…この時の話は、またの機会にアップする予定。
翌朝、奥飛騨温泉郷で最大の露天風呂を有する
「新穂高温泉 水明館佳留萱山荘」へ向かうが、
清掃中でまだ露天に湯が入ってないとのこと…。
仕方ないので予定を変更して「平湯温泉 ひらゆの森」へ。

平湯温泉 ひらゆの森 外観
ひらゆの森は、5年程前に一度訪れたことがある施設で、その当時は
施設の入口が現在の入口よりトンネル側に50メートル程上にあり、
外観も壁が一部剥がれていたりお世辞にも綺麗な建物ではなかった。
元々は、神岡鉱山の保養所だったのを地元の温泉旅館や売店の経営者達が
共同出資して買い取り、民間運営しているとのことだ。
立ち寄りのイメージが強いが本来は宿泊施設で、平湯温泉の中でも
比較的リーズブナルに泊まることが出来る。

平湯温泉 ひらゆの森 足湯
施設前の駐車場に車を止め玄関へ向かう。駐車場の入口には足湯が
新設されていた。

平湯温泉 ひらゆの森 下駄箱平湯温泉 ひらゆの森 受付
300年前の古民家を移築した玄関やロビーは趣のある重厚な造り。
右手にある木製の下駄箱はオープンタイプのみ。
下駄箱の横にある券売機で入泉券を購入して受付で提出する。
受付の横には、待ち合わせ用のスペースや土産販売所もある。

平湯温泉 ひらゆの森 脱衣所へ向かう廊下平湯温泉 ひらゆの森 脱衣所入口
浴室へ向かう廊下は畳敷き。素足で歩くと非常に気持ちが良い。
暖簾をくぐり脱衣所に入るが、女湯の脱衣所入口は更に廊下を進んだ所にある。

平湯温泉 ひらゆの森 脱衣所
脱衣所内には、100円有料の鍵付きロッカーと脱衣カゴが並んでいる。
化粧台にはドライヤーのみ備え付け。

平湯温泉 ひらゆの森 温泉分析表
平成16年分析の温泉分析表は脱衣所内の壁に掲示。

平湯温泉 ひらゆの森 リニューアルされた洗い場
浴室に入ると右手に仕切りの無い洗い場が並んでいる。
シャワーは固定式で、湯と水が別々の蛇口の懐かしい造り。
最新タイプに慣れた方は少々使いづらいかも?
※2010年の再訪時に洗い場のカランがシャワー付きの最新式の物に
リニューアルされていた。

平湯温泉 ひらゆの森 内湯主浴槽
身体を念入りに洗ってから、まずは内湯主浴槽から浸かる。
コンクリート製の大きな浴槽に満たされる湯は、
含硫黄-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物温泉[硫化水素型]。
源泉温度が高い為、加水、未加温、未消毒で掛け流し。
青白く白濁した湯からは硫黄臭と硫黄味を感じ、細かな白い湯の花も舞っている。

平湯温泉 ひらゆの森 内湯浴槽   
内湯は改装時に新設されたものだが、雰囲気は和風というよりは
昭和レトロという感じ。内湯には、その他にサウナと水風呂も完備。
身体も温まったので、露天スペースへ。

平湯温泉 ひらゆの森 露天スペース
広大な露天には、多彩な大小の岩組みの浴槽が並んでいる。
露天浴槽は、男女併せて計16もあるそうだ。

平湯温泉 ひらゆの森 露天入口側にある円形浴槽
平湯温泉 ひらゆの森 露天浴槽
平湯温泉 ひらゆの森 露天浴槽
平湯温泉 ひらゆの森 露天浴槽
平湯温泉 ひらゆの森 露天浴槽と打たせ湯
各浴槽によって湯の濁り具合や温度が違い、後で施設の方に確認したところ、
総て同じ源泉を同じ利用状況で使用しているとのこと。各浴槽の濁り具合も
毎日変わるそうだ。各浴槽をよく見ると湯の投入量が違うので、
浴槽内の湯の入れ替わり速度の違いが白濁度(酸化)の
違いになっているのでは無いかと推測したが…間違っているかも?(汗)
※いろいろ調べていくとどうやら源泉は2本あるようだが、温泉分析表の掲示は
一枚しか無いので詳細は不明。

平湯温泉 ひらゆの森 宿泊者専用の内湯 
露天の一番奥には、以前の内湯がある。現在は宿泊者専用になっている。
その手前に屋根付き岩組浴槽とタイル張り浴槽がある。

平湯温泉 ひらゆの森 一番奥の露天浴槽
この2ヶ所の浴槽の湯が一番濁りが強く、湯の花の量も多い。
屋根付き岩組浴槽の湯が一番温度が高く、写真右隅が湯口だが
激熱なので注意。

平湯温泉 ひらゆの森 露天タイル貼りの浴槽
平湯温泉 ひらゆの森 露天タイル貼りの浴槽から見る眺め
もう一方の浴槽はややぬるめ。のんびり浸かるならこちらがオススメ。
眺めのここが一番良い気がする。
 
平湯温泉 ひらゆの森 休憩処平湯温泉 ひらゆの森 食事処
湯上がり後は、脱衣所入口から更に奧に進むと広い畳敷きの休憩処がある。
食事処も併設されているので半日ゆっくりと過ごすこと出来る。
500円という入泉料を考えると、非常にコストパフォーマンスの高い施設だと思う。
硫黄臭と白濁の湯で「温泉に入った!」という満足感も得やすくてオススメの施設。
「ひらゆの森」で濁り湯を堪能した後は、朝入れなかった
「新穂高温泉 水明館佳留萱山荘」へ向かうが、
すんなりと入泉とは行かなかった。
【訪問日2007.4.24】

【再訪1】……………………………………………………………………
平湯温泉 ひらゆの森 露天に浸かる温泉おやじ
2009年4月14日に長野県伊那市にある
 
「まほら伊那羽広温泉 みはらしの湯」に訪問した後、
おもっきり足を伸ばして再訪。

【再訪2】……………………………………………………………………
平湯温泉 ひらゆの森 露天に浸かる温泉おやじ
2009年9月7日に
「荒城温泉 恵比寿の湯」へ訪問する前に再訪。

【再訪3】…………………………………………………………………… 
平湯温泉 ひらゆの森 露天に浸かる温泉おやじ 
2010年4月15日に再訪。「ひらゆの森」以外に
「神の湯」
「奥飛騨ガーデンホテル焼岳」「深山荘」にも再訪。

【再訪4】……………………………………………………………………  
平湯温泉 ひらゆの森
2010年5月11日に再訪。
今回は、2泊2日の車中泊オンリー
濁河温泉と奥飛騨温泉郷湯巡りの6湯目。
奥飛騨の締めには、やはり「ひらゆの森」。
人気があるので平日でも結構混んでいるが、内湯、露天ともに広いし、
何より相方が大好きな施設なので今回もリクエストにより再訪。
今回、レポート内容の見直しと写真の追加を行った。

満足度★★★★☆

住  所…岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1  →
地図
電  話…0578-89-3338  
営業時間…10:00~21:00
定休日…無休
料  金…大人500円 小人(3歳~12歳)400円
源泉名…ひらゆの森の湯
泉  質…含硫黄-ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉・
      塩化物泉(低張性 中性 高温泉)
泉  温…65.2度
P H 値…6.81
湧出量…毎分373リットル
成分総計…1,481mg/kg
効   能…【浴用】きりきず・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病・糖尿病・
          高血圧症・動脈硬化症など 
        【飲用】慢性消化器病・慢性便秘・糖尿病・痛風・肝臓病など
施  設…露天風呂・内風呂・水風呂・サウナ・休憩処・食事処・宿泊施設
備  品…ボディソープ・リンスINシャンプー・ドライヤー(無料)
宿  泊…可
宿泊予約サイト 【楽天トラベル】 ひらゆの森

           【じゃらんnet】 ひらゆの森


温泉利用状況…加水…○ 加温…× 循環…× 入浴剤…× 消毒…×

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
ランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します♪ 
    

満足度別一覧  泉質別一覧  県別温泉一覧  入 泉 記 録
HOME




宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| 岐阜県の温泉 | | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

いいですねー

 写真を見る限り、人が少なくて良いですね~
 私のときは人・人・人で洗い場もなく、一番奥の宿泊者用の内湯と洗い場を使いました。

| 東海温泉馬鹿一代目 | 2007/05/12 20:00 | URL |

いらっしゃい♪一代目さん^^

この日は、浴室に総勢5名ほどでした^^それにみなさん滞在時間が短い方ばかりで、すぐ浴槽から上がられてしまって写真撮るのに非常に楽でした(笑)
平日行ける強みですね^^一代目さんは、土日メインですから、いつも大変でしょうね~(^^;)

| 温泉おやじ | 2007/05/12 20:38 | URL |

こんにちは。
チョコひとも行きました~!
男湯も女湯と同じような感じですね。
でも写真、たくさんとりましたね~。
チョコひとは、混んでいたのであんまり
撮れなかったです。

そうそう。奥のお風呂は穴場でしたよね。

| チョコひと | 2007/05/13 11:19 | URL |

いらっしゃい♪チョコひとさん^^

チョコひとさんの奥飛騨温泉郷のレポートを見たら、どうしても行きたくなってしまってww行って来たんですよ^^平日の午前中でしたので、スカスカでした^^
改装前は、奧の内湯から露天に入るようになっていたので、この穴場は混み込みだったんですよww
チョコひとさんは、女湯ですから大変ですよね~(^^;)一歩間違えたら…(笑)

| 温泉おやじ | 2007/05/13 17:26 | URL |

懐かしいひらゆの森。

初体験の奥飛騨温泉郷。旅行者が最初に体験するのは、平湯温泉郷でしょう。
暑かった伊勢から、肌寒い奥飛騨。
駐車場の足湯で温まったことを思い出します。
このひらゆの森は、BTからも近く、安価に良質の温泉を楽しめました。

開館と同時に入った温泉。あの時の感動が、そのまま
周遊きっぷ 飛騨・奥飛騨ゾーンの感動となりました。
まだ柵ができてしまった下呂の噴泉地には入っていませんが、
あの3日間は、温泉三昧の旅でした。
ああ、また行きたくなってしまいましたね。

| 三碧星 | 2010/08/23 19:33 | URL |

Re: 懐かしいひらゆの森。

いらっしゃいv-48三碧星さん(^^)

平湯温泉はまさに奥飛騨温泉郷の玄関ですね。車で名古屋から平湯まで下道で行っても5時間強で行けるのは魅力ですね。ちょっと無理すれば日帰り!?でも行けますし(笑)
今年は残暑が厳しいようですが、奥飛騨の秋は早いですからね。真冬の雪見露天も良いですが、紅葉の露天もまたおつなものでしょうね(^^)そういう私もまた行きたくなってきましたよ。近々500円持って帰ろうかな?(笑)

| 温泉おやじ | 2010/08/25 12:14 | URL |

一番奥のお風呂

宿泊ばかりなので、一番奥から毎回入ります。一番奥と2番目が一番白濁して適温です。季節や時間にもよると思います。いつも入るのは2月の夕方から朝です。ここ数年雪見露天風呂には個人的には恵まれていませんが。

| tiaomu | 2011/03/10 09:13 | URL | ≫ EDIT

Re: 一番奥のお風呂

初めましてtiaomuさん(^^)
コメントありがとうございます。
ひらゆの森は、いつも立ち寄りでしたか利用したことがありませんが、
行くたびに離れの部屋が気になっておりまして、いつか機会があれば宿泊したいと思っているのですが…
なかなか実現出来てません。
宿泊者しか利用出来ない内湯も好きです。(本当は立ち寄りでは入泉不可なのですが…(^^;))
たくさん露天浴槽がありますが、やはり一番好きなのは一番奥ですかね。温度も私には丁度良い感じで
少し高い位置にあるので見渡せるのが良いですね~。
拙いブログですがこれからも宜しくお願いします<(_ _)>

| 温泉おやじ | 2011/03/10 11:30 | URL |

こんばんは本日(2年振り)ひらゆの森へ伺いました。自宅からは高速使えば4時間弱です。行きは朝8時30分に出発、下道を使い尾西ICから東海北陸道を走り約5時間弱をかけて13時30分前ひらゆの森へ到着です。3連休初日予想通り駐車場は満車か?と思われたましたが誘導員の方に案内されて空きの駐車スペースへその場で持参したお弁当を車内(途中ほど良い場所にすれば良かったのですがね)で食しました。ではいざ入館、入湯券は途中のサークルKで購入した(¥450で購入⇒通常¥500なので▲¥50ちょっとした幸せです)ので券売機の列には並ばず受付へ即お渡ししいざ鎌倉へ(何のこっちゃ(笑))です。先ずは内風呂(以外です空いてました)へ身を清め硫黄臭の漂うお湯にゆっくり浸かります、久しぶりの硫黄泉うーん最高です!続いて露天へ足を運び、順番に数々の岩風呂をご賞味させて頂きました。(私も一番奥、濁りの強い露天がお気に入りです)時間が経つにつれお客さんが増えてきましたが1時間ほど硫黄泉そして浮遊する湯の花を堪能しました。おやじさんのコメントにもありますが施設・お湯・雰囲気!総合してみても価格以上の満足感が得られる大変優れた施設だと改めて体感しました。

| 相方も大好きな温泉です | 2012/10/06 21:43 | URL |

Re: タイトルなし

v-48相方も大好きな温泉ですさん
サークルKの割引券は私も利用しています。事前購入で二人で100円引きですからね。利用しない手はないかと。
もっとお得なのは年間フリーパス券ですが、3650円で1年間入りたい放題という大盤振る舞いなパスポートです。8回行けば元が取れる計算ですが、年間8回も行くかと言うと…(笑)近くに住んでいる方は購入しているみたいですがね。みなさんの満足度が高い=人気ということなんでしょう。この間も奥飛騨に行った際に立ち寄りしようかと思ったのですが、余りにも駐車している車の台数が多くて…辞めてしまいました。多少混んでいても内湯、露天ともに広いのでさほど混雑は感じないのですが、やはり人気の無い所(笑)でのんびりって感じが最近は強いので、どうしても旅館の立ち寄りなど穴場狙いになってしまいますね。その時の事はまだ掲示板にしかアップしていませんが、何処も結構良かったので参考にしてみて下さい。http://onsenoyazi.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=5145031
カキコミありがとうございました。


| 温泉おやじ | 2012/10/07 10:55 | URL |

こんばんは10/6(土)書き込みは私(しほパパ)です。ちょっとした間違いしました。また、書き込みしますんでよろしくです。

| しほパパ | 2012/10/07 20:07 | URL |

Re: タイトルなし

しほパパさん=相方も大好きな温泉ですさんですね。了解しましたv-290

| 温泉おやじ | 2012/10/10 12:22 | URL |

【コメントについて】
管理者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは予告なく削除することがあります。新たに掲示板を作成致しました。そちらにも書き込みを頂けると嬉しいです。














非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。