PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

泉質別一覧

 
 泉質は、掲示用泉質名で分類してあります。   
 泉質名をクリックすると各泉質別一覧へ移動します。

 【単純温泉】
無色透明・無臭で含まれる成分の濃度が低くて、一見普通の湯と変わらない。
刺激が弱く、肌にやさしく名湯と呼ばれるものも多くある。
pH値によってアルカリ性単純温泉、弱アルカリ性単純温泉などと
分類されることもある。日本で一番多い泉質。
【効能】神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進など
【飲用】消化促進・利尿作用・便秘

 【塩化物泉】
海水の成分に似た食塩を含み塩辛く、海岸付近に多い。浴用すれば塩分が
肌に付着し、保温効果があるので熱の湯とも呼ばれる。
関節痛・筋肉痛にとくに良くて、うがいをすればノドの消炎効果がある。
日本で2番目に多い泉質。
【効能】胃腸病・糖尿病・関節痛・神経痛・切り傷・火傷・リウマチ・婦人病など
【飲用】胃腸病

 【炭酸水素塩泉】
汚れた皮膚の角質を洗い落とす効果がある。皮膚を柔らかく、
すべすべにしてくれるので美人の湯と呼ばれる。
入浴後清涼感のあるものもあり、肌がなめらかになる冷の湯。
浴用で美肌効果があるほか、飲用すれば便秘にも効く。
カルシウム(マグネシウム)-炭酸水素塩泉(重炭酸土類泉)は、
浴用で消炎作用や鎮静作用があり、皮膚病やアレルギー性疾患、
慢性胃腸病や糖尿病に効果がある。
飲用すれば消化を促進し、利尿作用もある。
【効能】慢性皮膚炎・やけど・リウマチ・神経痛・筋肉痛・胃腸病・糖尿病など

 【硫酸塩泉】
ナトリウム-硫酸塩(・塩化物)泉、いわゆる芒硝(ぼうしょう)泉は、
主に飲用に用いられる。飲用すれば 胆汁の分泌を促進し、
肝臓病・胃腸病・胆のう炎や便秘に効く。
カルシウム(・ナトリウム)-硫酸塩(・ 塩化物)泉、いわゆる石膏(せっこう)泉は、
浴用すれば鎮静・収斂作用があり、高血圧症・動脈硬化症・ 神経痛のほか、
リウマチ・痛風・痔疾・やけど・外傷に効果がある。飲用すれば消化を促進し、
利尿作用もある。マグネシウム(・ナトリウム)-硫酸塩(・塩化物)泉、
いわゆる正苦味泉は文字通り苦味がある湯 で、脳卒中の湯と呼ばれ、
高血圧症や動脈硬化症の予防になるとされる。浴用で神経痛やリウマチ、
飲用では肝臓病や胃腸病に効果がある。
【効能】鎮静・収斂作用・高血圧症・動脈硬化症・神経痛・リウマチ・痛風・痔疾・
     やけど・外傷
【飲用】肝臓病・胃腸病・便秘

 【二酸化炭素泉】
湯に炭酸ガスが溶け込んだ温泉。入浴すれば、炭酸ガスが肌にまとわりついて
心地よい刺激が感じられ泡の湯などとも呼ばれる。
末梢血管が拡張されるので血圧降下の効果があり、保温効果も高い。
飲用すれば胃腸の活動を活性化し、便秘にも効果がある。
【効能】血圧降下・胃腸病・保湿
【飲用】便秘

 【含鉄泉】
鉄以外に含まれる成分によって細かく分類される。含鉄-○○○泉、
いわゆる鉄泉は、空気に触れると鉄が酸化し、茶褐色(サビ色)に濁る。
飲用すれば貧血症に効果が高いが、酸化前の無色透明の湯を飲むほうが良い。
また、○○○-鉄-硫酸塩泉、いわゆる緑礬(りょくばん)泉は、
鉄を主成分としながらも、硫酸塩を多く含み、強い酸性を示す。
緑色に濁った「いかにもきつそう」な湯は殺菌作用があり、浴用で皮膚炎、
飲用で貧血症に効果がある。
【効能】神経痛・リウマチ・貧血・五十肩・打ち身・捻挫・皮膚炎など
【飲用】貧血症

 【酸性泉】
日本特有の泉質。ほとんど無色・微黄褐色。 殺菌力が強く、
肌に強い刺激がある。梅毒の治療に効果があることから
「カサの湯」とも呼ばれ、頑固な 水虫や湿疹にも効果がある。
【効能】水虫・湿疹・慢性皮膚病など

 【硫黄泉】
硫黄や、硫黄と水素の化合物である硫化水素を主成分とする。
空気に触れると酸化して白濁色になり、 独特の臭気が漂う。
成分がうすいものでは白濁せず、硫黄臭もほのかに感じられる程度の湯もあり、
冷泉や近年ボーリングされた温泉で硫黄泉を名乗るものにはこの類が多い。
硫黄泉にはさまざまな薬 効があるが、とくに皮膚病に効く。
とはいえ刺激の強い湯が多いので、肌の弱い人や高齢者などは要注意。
また慢性の場合、患部が急激に悪化し、逆効果を招く場合もある。
さらに硫黄泉には一般的に興奮 作用がある。
【効能】創傷・神経痛・リウマチ・婦人病・皮膚病など

 【放射能泉】
主成分はラドンまたはトロンで、浴用すれば湯気から成分を吸収し、
鎮静作用があるので、ノイローゼ の治療にも良い。
また高血圧症や動脈硬化症・更年期障害などに効果がある。
新陳代謝を促進するので 健康増進にも良い。浴用、飲用を併用すれば、
いっそう効果が期待できる。
【効能】神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・リウマチ性疾患・高血圧・
     動脈硬化、冷え性・ノイローゼなど

 【補 足】
浸透圧浸透圧(温泉の濃度を、ヒトの体液の浸透圧(1Kg中8.8g)を基準に
して分類)
   高張性…溶存物質総量が1kg中 10g以上
  等張性…溶存物質総量が1kg中 8g以上10g未満 
  低張性…溶存物質総量が1kg中 8g未満
  ※高張性の温泉は人間の体より浸透圧が高いので温泉成分が体に
  吸収されやすいが濃度が濃いので湯あたりしやすい。
  等張性の温泉は人体のほぼ等しいので疲れにくい。
  低張性の温泉は水分が体に浸透されやすい。刺激が少なく身体にやさしい。
水素イオン濃度(pH値)
  酸性泉…PH3未満
  弱酸性泉…PH3~6
  中性泉…PH6~7.5 
  弱アルカリ性泉…PH7.5~8.5
  アルカリ性泉…PH8.5以上
  ※酸性度が高いと殺菌効果があり皮膚病に良い。中性泉は肌に優しい。
  アルカリ度が高いと美肌効果がある。
泉 温
  冷鉱泉…25度未満
  低温泉…25~34度
  温  泉…34~42度
  高温泉…42度以上
  ※泉温は地上に湧出した時の温度または採取した時の温度。 
  一般的には高温泉は温泉成分が濃く溶け込んでいて刺激が強い。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| 泉質別一覧 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。