PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひょっこり温泉 島の湯

ひょっこり温泉 島の湯 外観
富山、石川の湯巡りに出掛けてきた。今回も車中泊のみの旅だ。
1湯目は、富山県氷見市の「神代温泉」
非常に濃い強塩泉で湯あたり気味に朝風呂を堪能。
同じ氷見市内にある「きときと寿司本店」で昼食を取った後、
氷見でもう1湯と思ったが、相方から
「能登にも行きたい!」
とわがままな要望が…。
氷見から県道160号線を走り、七尾市にある
「七尾フィッシャーマンズ・ワーフ 能登食祭市場」へ。
土産を買い込み、せっかくここまで来たので能登で1湯と思い、
能登島にある「ひょっこり温泉 島の湯」に行くことにした。
島の湯は、能登島の中程の海岸沿いにある日帰り温泉施設だ。

ひょっこり温泉 島の湯 下駄場 
ひょっこり温泉 島の湯 受付
玄関を入ると右側にコインレスの鍵付き下駄箱がある。
受付手前の券売機で入泉券を購入し、
下駄箱の鍵と券を受付で提出すると脱衣場ロッカーの鍵が貰える。
浴室にソープ類は置いて無いので、予め持って行くか受付で購入しよう。

ひょっこり温泉 島の湯 男女別の脱衣場入口 
ひょっこり温泉 島の湯 脱衣場入口の真向かいにある砂湯の入口
男女別の脱衣場入口の向かいには、「砂風呂」もあり、
別金で利用出来るようだ。 


ひょっこり温泉 島の湯 ロッカー 
ひょっこり温泉 島の湯 洗面台
脱衣場のロッカーは標準的な物より一回り大きな造り。
洗面台にはドライヤーのみ置かれている。

ひょっこり温泉 島の湯 掛け湯 
ひょっこり温泉 島の湯 洗い場
浴室は広くゆったりとした造り。左側に掛け湯、仕切り無しの
洗い場が並ぶが、前述の通り備品類は一切置かれていない。

ひょっこり温泉 島の湯 白湯のジャグジー 
ひょっこり温泉 島の湯 ジェットバス
浴室中央にジャグジーがあるが残念ながら白湯、
右隅にあるジェットバスもおそらく白湯で、壁には「ヒヤルロン酸風呂」と表示。

ひょっこり温泉 島の湯 内湯主浴槽
内湯は主浴槽のみ天然温泉利用。大振りな造りの浴槽は
数十人は入れる大きさ。
浴槽中央にある上部湯口から大量の湯が投入されている。
泉質はナトリウム・カルシウム―塩化物泉。未加水、加温、循環、
塩素消毒付きで利用。
浴槽の縁から大量のフローもあり、循環ながらなかなか気分が良い。
湯は無色透明、強い塩味、苦み、磯の香りで、
消毒臭は、やはり塩化物泉と相性がいいようで殆ど気にならない。
温度は42度程と適温だが、塩化物泉らしくジワジワと温まる感覚があり、
短時間で額に汗が出てくる。
内湯浴室には、その他にサウナと水風呂もある。

ひょっこり温泉 島の湯 露天浴槽
露天にはややチープな造りのタイル張り浴槽がある。
浴室は洋風と和風があるようで週替わりで男女が入れ替わる。
訪問日は男湯が洋風。お隣りの和風は露天が岩組の浴槽で
造りも凝っているようだ。

ひょっこり温泉 島の湯 露天からの眺め
露天からの眺めも海が一望とはいかず、植え込みの間から遠くに
所々見えるのみ。植え込み以外は遮る物は無いので開放感はあるのだが…。

ひょっこり温泉 島の湯 露天浴槽の湯口
内湯と同じく露天も上部湯口があり、湯口をよくよく観察すると
湯が出ている所が2ヶ所ある。 出ている湯の温度が多少違うので
片方は循環湯、もう一方は源泉と思われる。
内湯の湯口には子供の頭程の石が乗せられており、確認出来なかったが、
たぶん同じ様な造りだろう。源泉の投入もしながら循環する併用式と思われる。
入泉料+1000円で利用出来る家族風呂もあるようだが、
こちらは完全な掛け流しだそうだ。 

実はここである高名な方とお会いする。
温泉業界で有名な方々が会員に名を連ねる「温泉達人会」の現代表であり、
(有)温友社編集長の飯出敏夫氏だ。温泉本の執筆や
テレビ朝日で放映中の秘湯ロマンにも出演されているので
ご存知の方も多いだろう。
この日は、特選外車情報エフロード(2011年8月号)の
取材の為に石川県を訪れたそうだ。
短い時間だったが富山のオススメ温泉をいくつか教えて頂き、
帰りには名刺まで頂いた。年間100日は取材旅行に出ているそうで、
この日も和倉温泉で宿泊し、翌日は
新潟の佐渡まで行くとのことだった。 
有名な方とお会いするのは初めてだったので、内心ドキドキ…。
たぶん支離滅裂な受け答えをしてしまったと思うが…。

ひょっこり温泉 島の湯にて飯出敏夫氏と 
ひょっこり温泉 島の湯で飯出敏夫氏と
後日、一緒に撮影して頂いた写真を頂くことが出来た。
記念写真を撮っておけば良かったと後悔して居ただけに大変嬉しかった。

予定外の入泉だったが、湯は以外と良かった。
露天からの眺めがやや残念だったが、能登島観光の途中などに
ひと浴びするには良い施設だろう。

島の湯を出た後、近くの和倉温泉へ向かう。
和倉温泉の総湯がリニューアルオープンしたと聞いていたので
見に行くにしたのだ。

和倉温泉総湯へ。
【訪問日2011.6.2】

満足度★★★☆☆

住  所…石川県七尾市能登島佐波町ラ部29-1 →
電  話…0767-84-0033
営業時間…9:00~22:00(最終受付21:20)
       ※1月・2月は21:00まで営業
定休日…毎月最終金曜日(変更する場合あり)
      12月31日・1月 1日
料  金…大人(中学生以上)450円 小人(小学生)200円 幼児無料
源泉名…ひょっこり温泉
泉  質…ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高張性 中性 高温泉)
泉  温…72.0度 
p H 値…6.5
湧出量…毎分185リットル
成分総計…※溶存物質22340mg/kg
効   能…きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病など
施  設…露天風呂・内風呂・家族風呂・砂風呂・休憩処・食事処
備  品…ドライヤー(無料)

温泉利用状況…加水… 加温… 循環… 入浴剤… 消毒… 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します♪ 
    

満足度別一覧  泉質別一覧  県別温泉一覧  入 泉 記 録
HOME




宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| 石川県の温泉 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

【コメントについて】
管理者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは予告なく削除することがあります。新たに掲示板を作成致しました。そちらにも書き込みを頂けると嬉しいです。














非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。