PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新穂高温泉 槍見館

奥飛騨温泉郷 栃尾温泉の芝桜
奥飛騨温泉郷の「新穂高温泉 槍見館」に行ってきた。
2泊2日の車中泊オンリー濁河温泉と奥飛騨温泉郷湯巡りの5湯目。
1日目は、下呂市金山町で「道の温泉駅 かれん」にて朝風呂。
「濁河温泉」で新規入泉を2湯。野麦峠を越え「せせらぎの湯」に再訪を果たした。
そのまま乗鞍高原温泉の某駐車場で車中泊。翌朝、阿房トンネルを抜け
奥飛騨温泉郷入り。新穂高温泉へ向かう途中、栃尾温泉では、
芝桜が美しい姿を見せてくれた。

新穂高温泉 中崎山荘 
新穂高温泉 中崎山荘 連休のお知らせ
実は、日帰り温泉施設としてリニューアルオープンした「中崎山荘」に
行く予定だったが…残念ながら連休を取っていた…無念。
…と言うことで、未入泉の「槍見館」へ向かう。奥飛騨温泉郷には
何回も来ているが、何故だか今まで訪問していなかった所だ。
基本、宿泊施設だか立ち寄り入浴も受け入れている。
蒲田川に架かる中尾橋まで戻り、橋を渡ってすぐ右折。
看板が出ているのですぐ判る。細い道の突き当たりが「槍見館」。

宝温泉3号の掲示板 
宝温泉3号
道沿いには、「新穂高温泉 露天風呂」の源泉「宝温泉3号」の湧出地がある。

新穂高温泉 槍見館 外観
駐車場に車を止め玄関へ向かう。外観は落ち着いた和風で、
なかなか趣がある造りだ。元庄屋の建物を移築したそうだ。

新穂高温泉 槍見館 玄関
玄関先には、「日本秘湯を守る会」の提灯が下がっていた。
下駄箱に靴を預け、フロントへ。

新穂高温泉 槍見館 フロント
立ち寄り入浴の旨を伝え入泉料を支払うと、おもむろにに案内図を出され
利用できる露天風呂の案内をされる。
本日は、男湯が「槍見の湯」、女湯が「岩見の湯」、混浴が「まんてんの湯」だった。
詳細は判らないが、利用できる混浴露天風呂は変わるようで「岩見の湯」のみ
女性専用とのこと。内湯や貸し切り風呂もあるが、こちらは宿泊者のみの特権。
立ち寄りでは利用は出来ない。

新穂高温泉 槍見館 露天へ向かう階段
フロント前の階段を降り、本日の混浴露天「まんてんの湯」に向かう。

新穂高温泉 槍見館 木立の中の露天 
新穂高温泉 槍見館 水車小屋
木立の中に無数の脱衣小屋が並ぶ。中には水車小屋もあった。

新穂高温泉 槍見館 「まんてんの湯」入口 
新穂高温泉 槍見館 「まんてんの湯」男性入口
「まんてんの湯」の脱衣小屋は、当然ながら男女別。

新穂高温泉 槍見館 「まんてんの湯」脱衣小屋 
中には造り付けの棚に脱衣カゴのみ置かれている。

新穂高温泉 槍見館 鍵付きロッカー
貴重品などは、予め館内の階段を降りた所にある
鍵付きのロッカーに預けておこう。 

新穂高温泉 槍見館 「まんてんの湯」 
新穂高温泉 槍見館 「まんてんの湯」
脱衣小屋を出るとすぐ浴槽がある。脱衣小屋を囲むように逆L字型に
配置され、自然の巨石を上手く使い造られている。

新穂高温泉 槍見館 「まんてんの湯」
横を流れる蒲田川を眺められる所は一ヶ所だけなので、やや開放感に欠けるが、
なかなかダイナミックな露天風呂だ。

新穂高温泉 槍見館 「まんてんの湯」
浴槽を奥に進むと女性の脱衣所出入口がある。
湯口は、2ヶ所あり、木の樋からと岩肌をなめるように湯が投入されている。
僅かに鉱物臭、鉱物味を感じる無色透明の湯には、
無数の黒い細かな湯の花が舞う。
泉質は単純温泉。未加水、未加温、掛け流し、未消毒で利用。 
湯口付近は、43度程。離れるに従って温度は下がり、
好みの温度で浸かることが出来る。

新穂高温泉 槍見館 「まんてんお湯」に仲良く!?浸かる温泉おやじと相方
相方と仲良く!?浸かっていると30代と思しきカップルが入ってきた。
挨拶を交わし、カップルは浴槽の反対側へ。
突然のカップル登場にちょっと私はドギマギ…。
横の相方は素知らぬ顔で平然としている。こんな時は女の方が強いもんだ。
脱衣小屋自体が目隠し代わりになるので気兼ねなく長湯が出来た。
30代カップルは、男側の脱衣小屋入口に居るので上がる時に
少々、気を遣ったが、 「お先に、ごゆっくり。」と声をかけ、
今度は本日の男湯「槍見の湯」へ移動。

新穂高温泉 槍見館 「槍見の湯」入口
新穂高温泉 槍見館  「槍見の湯」の脱衣小屋
小さな脱衣小屋内には、同じく脱衣カゴのみ。

新穂高温泉 槍見館 「槍見の湯」の社団法人日本温泉協会発行の天然温泉利用証
新穂高温泉 槍見館 「槍見の湯」の社団法人日本温泉協会発行の天然温泉利用証
壁には社団法人日本温泉協会が平成15年に発行した天然温泉利用証が
掲示してあった。源泉は、自家源泉である「槍見の湯源泉」の他に共同源泉の
「穂高の湯」も利用。計2本を利用しているようだが、温泉分析表や利用状況表の
掲示が無く詳細は不明。
※後日、ネット上で「槍見の湯源泉」の平成4年分析の温泉分析表を
見つけたので温泉データは両方を併記してある。
湧出量は平成4年では420リットルで平成15年では500リットルと
増えているが、これは平成4年の方は「槍見の湯源泉」単一の湧出量で、
平成15年の方は源泉2本分の総量と思われるが、あくまでも推測。
ちなみに共同源泉「穂高の湯」は毎分45リットルを引湯しているとのことだが、
どのように利用されているかは不明。 

新穂高温泉 槍見館 「槍見の湯」
小屋から石段を数段降りた所に「槍見の湯」がある。河原に造ったような浴槽で
開放感たっぷり。

新穂高温泉 槍見館 「槍見の湯」に浸かる温泉おやじ
名前の通り、槍岳が見えるはずだが、あいにく雲に阻まれて
見ることは出来なかった…残念。

新穂高温泉 槍見館 「槍見の湯」の湯口
湯は、こちらも未加水、未加温、未消毒で掛け流しされている。
温度は42度弱と適温。蛙がプカプカと浮いてたのはご愛敬…(笑)

新穂高温泉 槍見館 「岩見の湯」 
新穂高温泉 槍見館 「岩見の湯」
女湯の「岩見の湯」の写真は相方が撮影。
小振りな浴槽。目隠し用の囲いがあるので眺めは無い。
立ち寄りで利用できる露天には洗い場は無い。石けん類、ドライヤーなどの
備品類も無いので注意。

新穂高温泉 槍見館 囲炉裏がある部屋
湯上がりは、露天からの館内入口横にある椅子やフロント前の長椅子で
休むことが出来る。囲炉裏がきられた畳の部屋には鎧武者が飾られていた。

新穂高温泉 槍見館 飲料販売コーナー
丸太をくり抜いた入れ物に、沢水だろうか冷たい水が張られサイダーが
売られている。やや懐かしい味がするサイダーは、湯上がりの渇いた喉には
最高に美味く感じた。相方は、フロントで売られていた手作りのきな粉餅が
一番旨かったそうだが…。
露天の開放感やダイナミックさでは、同じ新穂高温泉にある「深山荘」の方が
一枚上手だと思うが、素朴な感じの「深山荘」、落ち着いた感じで高級感のある
「槍見館」、好みの別れる所だろう。
この後、平湯温泉まで戻り、「ひらゆの森」に再訪。ほんのり硫黄が香る湯を
楽しみ、2泊2日の湯巡りを終えて帰路に着いた。
【訪問日2010.5.11】

満足度★★★★☆

住  所…岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉 →
電  話…0578-89-2808   
営業時間…10:00~14:00(※変動あり)
定休日…不定休
料  金…大人500円 小人300円
源泉名…槍見の湯
泉  質…単純温泉(低張性 中性 高温泉)
泉  温…63.0度(平成15年)
      61.3度(平成4年)
P H 値…6.88(平成4年)
湧出量…毎分500リットル(平成15年)
       〃420リットル(平成4年)
成分総計…625.0mg/kg(平成4年)
効   能…一般適応症
施  設…露天風呂・内風呂・貸切露天風呂・宿泊施設
      ※立ち寄り利用は露天風呂のみ
備  品…無
宿  泊…可
宿泊予約サイト 【じゃらんnet】槍見の湯 槍見館


温泉利用状況…加水… 加温… 循環… 入浴剤… 消毒… 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します♪ 
    

満足度別一覧  泉質別一覧  県別温泉一覧  入 泉 記 録
HOME





宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| 岐阜県の温泉 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

【コメントについて】
管理者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは予告なく削除することがあります。新たに掲示板を作成致しました。そちらにも書き込みを頂けると嬉しいです。














非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。