PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

川原湯温泉 王湯

川原湯温泉 王湯 外観
群馬県吾妻郡長野原町にある川原湯温泉(かわらゆ)に行って来ました。
今回は、草津温泉の再訪と周辺エリアの温泉訪問のため、前日夜出の2泊2日で
巡って来ました。(経費削減のため、車中泊オンリー(^^;))
川原湯温泉は、国道145号線と併走する細い脇道に宿が10数件並ぶ、
小さな温泉街で、平成22年完成予定の八ッ場ダム(やんば-だむ)が完成すると
ダムの底に沈んでしまうという所です。
草津温泉の仕上げ湯の1つとして栄えてきた温泉街ですが、その歴史は古く、
その昔、
源頼朝
が狩をしている最中に発見したとのこと。
本来なら草津の仕上げ湯ですので浴びる順番が違うのですが、ルートの関係で
川原湯→草津になってしまいました…ははは(^^;)
国道145号線沿いから大きな川原湯温泉と書かれたアーチ看板がある
細い脇道に入り、鄙びた温泉街をしばらく道なりに走ると、右手に川原湯温泉に
3つある共同浴場の1つ、「川原湯温泉 王湯」があります。
駐車場は、道を挟んで施設前に6台ほどがありますが、温泉街の所々に
無料駐車場が数ヶ所ありますので、施設前が一杯の時は、そちらに止めましょう。

川原湯温泉 王湯 玄関 
「王湯」は年期の入った木造造りで、いかにも雰囲気たっぷり(^^)
壁には、源頼朝の
家紋である「
ササリンドウ」。
毎年1月20日(大寒)の早朝に1年の無病息災と平穏無事を祈って行われる
有名な「湯かけ祭り」は、この王湯の前で行われるそうです。

川原湯温泉 王湯 受付
木戸をくぐり中へ入ると右手に木製の下駄箱。左側にある受付で
入泉料を支払います。

川原湯温泉 王湯 露天へ向かう廊下と内湯浴室へ降りる階段
廊下を右手に進むと内湯浴室へ降りる階段があり、まっすぐ進むと
露天へ行くことが出来ます。詳しくは判りませんが、露天はどうやら後で
増設されたようで内湯から露天へは裸で移動することは出来ません(^^;)

川原湯温泉 王湯 男女別の脱衣所入口  
階段を降りると内湯の男女別脱衣所入口。入口に掲げられた「男湯」「女湯」の
石版がいい味だしてます(^^)
相方と待ち合わせ時間を決め、脱衣所内へ入ります。

川原湯温泉 王湯 脱衣所 
川原湯温泉 王湯 洗面台
6畳ほどの脱衣所内に100円有料のロッカーと木製の棚が並んでいます。 
洗面台には備品類は置いてありませんでしたが、コンセントはありましたので
ドライヤーは使用可です。

川原湯温泉 王湯 脱衣所前の温泉分析表 
川原湯温泉 王湯 温泉分析表と利用状況表 
温泉分析表は、脱衣所入口前の廊下と脱衣所内の洗面台横の壁に
平成14年分析の温泉分析表と利用状況表がまとめられた物が
掲示してあります。

川原湯温泉 王湯 脱衣所の窓から見える源泉湧出地 
脱衣所の窓から外を除くと、すぐ横に源泉湧出地。自然湧出とのこと。
硫化水素の香りが漂ってきます(^^)

川原湯温泉 王湯 脱衣所から浴室に降りる階段 
浴室は、更に脱衣所から階段を降りた所にあり、こういった造りは
初めて見ました。浴室の隣にも板張りの脱衣スペースがあり
カゴが置かれています。有料ロッカーを利用しない場合は、
こちらを利用した方が良いのかも?

川原湯温泉 王湯 内湯浴槽 
浴室の高い所まで伸びた窓から差し込む光に照らされた石の浴槽が1つ。

川原湯温泉 王湯 内湯浴槽と洗い場 
壁沿いにシャワー付きのカランが1つと非常にシンプルな造り。
洗い場には桶と椅子はありますが、石鹸類は置いてありませんので
持って行きましょう~。

川原湯温泉 王湯 内湯浴槽の湯口 
川原湯温泉 王湯 内湯浴槽の湯口
湯口は3ヶ所あり、向かって左側に源泉湯口が2つ。加水用の蛇口が1つ。
右側にも源泉湯口が1つあります。

川原湯温泉 王湯 内湯浴槽
泉質は、含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉で
加水、未加温、掛け流し、未消毒で利用。源泉は2本あり、元の湯源泉と
新湯(あらゆ)源泉を利用しています。元の湯源泉は、前記のすぐ隣にある
源泉で新湯源泉は、ダム工事による温泉街の移転の為、新たに掘削された
源泉とのこと。
やや微濁りの無色透明、サラリとした包み込まれるような感触のお湯で、
ほんのりとした硫化水素味、塩味、苦み、硫化水素臭、焦げ臭とゴム臭を
感じます。飲泉可でプラスチックのコップも置かれています。
上質な感じのやさしいお湯で、草津の仕上げ湯と呼ばれるだけ
ありますね( ̄ー ̄)
温度は42度強と適温。源泉温度が高いので加水用の蛇口の上に
水を止めないようにとの注意書きがありました。

川原湯温泉 王湯 女湯の内湯浴室 
ちなみに女湯の内湯は、こんな感じ。壁のピンクが可愛らしい感じ!?(笑)
造りは、まったく同じようです。
男湯は入れ違いで他の入泉客の方と少しだけご一緒しましたが、
相方曰く、女湯は完全貸切だったとのこと。
やはり平日はのんびりしてますね~(^^)
ゆっくり浴びたかったのですが次の予定もあるので別棟にある露天風呂へ
移動しますが、いちいち服を着ないといけないのは、やはりめんどくさいかな(^^;)

川原湯温泉 王湯 露天へ向かう渡り廊下 
川原湯温泉 王湯 渡り廊下からの眺め 
受付のある階へ戻り、新緑が眩しい渡り廊下を進みます。
ちょうど、この廊下の下が源泉湧出地です。

川原湯温泉 王湯 露天へ降りる階段 
別棟も同じく浴室は階段を降りた地下にあり、左右に男女別の脱衣所が
あります。

川原湯温泉 王湯 露天の脱衣所 
川原湯温泉 王湯 露天の洗面台 
脱衣所内には、造り付けの脱衣棚があり、洗面台には備品類は置いてありません
でした。

川原湯温泉 王湯 露天浴槽 
脱衣棚の横にある露天の出入口から外へ出るとすぐ露天浴槽があります。
洗い場スペースは無いので浸かるだけになります。

川原湯温泉 王湯 露天浴槽 
露天浴槽は、切石張りの浴槽で5人ほど一杯の大きさ。

川原湯温泉 王湯 露天の湯口 
湯口は2つ、右側の蛇口は加水用の水が出ています。
お湯の利用状況は、内湯と同じようです。

川原湯温泉 王湯 露天からの眺め 
川原湯温泉 王湯 露天浴槽に浸かる温泉おやじ 
露天からの眺めは新緑の木立ですが、残念ながら浸かってしまうと
何も見えません…(^^;)

川原湯温泉 王湯 女湯の露天浴槽 
川原湯温泉 王湯 女湯の露天浴槽
女湯の露天も、まったく同じ造り。仕切り壁を挟んですぐ隣ですので
お隣と会話をしながら入泉も出来ますが、周りには丸聞こえのような気が…(笑)
 
川原湯温泉 王湯 女湯の露天に浸かる相方 
男湯の露天、女湯の露天も見渡しがよい分、隣の民家や宿泊施設からも
丸見えなので女性の方は注意が必要です(^^;)内の相方みたいに
「見たければ見ろ!」っていう方は別ですが…(笑)
湯上がり後の休憩は、内湯は脱衣所前の長椅子。露天は階段を降りる前の
踊り場に椅子が置かれていますので、そこで休むしかありません。
未確認ですが、有料の休憩処があるようです。
湯上がり直後は、ややカサしっとりとした感じ。少し経つと、しっとりとした感じに
なってきます。特筆すべきはポカポカ感で、しばらく汗が止まらないほど。
よく温まるお湯のようです(^^)
数年後には、ダムの底に沈んでしまう運命の王湯ですが、移転するかどうかは
未定とのこと。特に歴史ある元湯源泉が利用出来なくなるのは残念なことです…。
車に戻り、しばし休憩をとったあと、すぐ近くにある次の共同浴場に向かいます。
【訪問日2009.5
.7】

満足度★★★★★

住  所…群馬県吾妻郡長野原町大字川原湯290 →
電  話…0279-83-2591(川原湯温泉観光協会)
営業時間…10:00~18:00(4月~11月)
        10:00~17:00(12月~3月)
定休日…無休(※毎年1月20日は湯かけ祭のため休み)
料  金…大人300円 小人200円
源泉名…川原湯温泉(元の湯・新湯)
泉  質…含硫黄-カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉
     (低張性 中性 高温泉) 
泉  温…71.6度
P H 値…7.1
湧出量…不明
成分総計…1,960mg/kg
効   能…神経痛・リュウマチ・胃腸病・婦人病など
施  設…露天風呂・内風呂・休憩処(有料)
備  品…無

温泉利用状況…加水…○ 加温…× 循環…× 入浴剤…× 消毒…× 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します♪ 
    

満足度別一覧  泉質別一覧  県別温泉一覧  入 泉 記 録
再 訪 記 録  HOME




宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| 群馬県の温泉 | | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

おぉ ★5つ!

こんばんは~、着々と北陸の温泉評価を公開されていますね!

湯掛け祭りはニュースで見たことがありその時の映像で湯船を見た覚えがありますが、お湯の良さはニュースでは判らないですよね~。

良いお湯が数年後にはダムの底に沈んでしまうのは残念でなりません。治水も必要ですが、自然災害に強い都市造りも進めないと地方に住んでいらっしゃる方に負担が偏ってしまいますね。

あぁ、私もいってみたいですなぁ(≧∇≦)/。

| 東海温泉馬鹿一代目 | 2009/05/17 23:06 | URL |

Re: おぉ ★5つ!

いらっしゃい♪一代目さん(^^)
温泉巡りは着実に行ってますが、相変わらず筆の遅さは変わらないようで
ボチボチマイペースで更新してます(^^;)
移転するにしろ歴史ある温泉街の雰囲気や源泉が失われてしまうのはホント勿体ない話ですね…。大規模の公共事業は、いろんな利権が絡みますから簡単な話ではないでしょうが…。

> あぁ、私もいってみたいですなぁ(≧∇≦)/。
是非、行って下さい~。高速使えばギリ日帰り出来ますからww

| 温泉おやじ | 2009/05/18 16:33 | URL |

【コメントについて】
管理者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは予告なく削除することがあります。新たに掲示板を作成致しました。そちらにも書き込みを頂けると嬉しいです。














非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。