PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

南紀勝浦温泉 ホテル中の島

 南紀勝浦温泉 ホテル中の島 外観 
 勝浦漁周辺の散策の後、いよいよ最終目的地の
「南紀勝浦温泉 ホテル中の島」へ 向かいます。
同じ勝浦町ある
「ホテル浦島」と、どちらにするか悩んだのですが、
ホテル中の島のHPで見た露天風呂の写真の魅力に負け、
今回はホテル中の島に決めました。
まずは、漁港のバスロータリー近くにある中の島ホテルの案内所に向かいます。
中に居た係の方にホテルへの行き方を聞くと、すぐ目の前にある船着き場から
無料の渡船が10分?毎に出ているとのこと。
マイカーの方は、バスロータリー横にある有料駐車場に駐車しましょう~。 

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 渡船の船着き場 
南紀勝浦温泉 ホテル中の島へ向かう渡船  
ちょうどタイミング良く、船着き場に渡船が居ます。大きさは20人乗りほど。
乗り込むとすぐ出発。泊まり客がホテルに入るには少し早い時間だったので、
私たち以外は、ホテルの仲居さんらしき年配女性グループと、スーツ姿の
出入り業者さん?のみ。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 外観(本当は帰りに撮った写真ですが…(^^;)) 
渡船は速度を上げ、勝浦湾に浮かぶホテル中の島がグングン近づいて来ます。
約3分ほどで到着しますが、ちょっとした非日常感を味わえます。
到着後、船から降りると、すぐホテルの玄関です。
フロントへ向かい、立ち寄り入浴したい旨を伝え入泉料を支払います。
フロントのお姉さんから、浴室の場所の説明を受け、
「今なら貸切ですよ。ごゆっくり~。」と嬉しい言葉を頂き、浴室へ向かいます。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 浴室へ向かう廊下からの眺め 
フロントから右方向に伸びる廊下を歩いて行くと窓から、
藻が繁殖したプールと対岸の勝浦漁港を望むことが出来ます(笑)

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 女湯の内湯入口と横にある男湯の内湯入口へ向かう階段 
廊下の突きあたりに、まずは女湯の内湯浴室入口があり、
男湯の内湯浴室入口は、その横にある階段を上がった所にあります。
更に廊下を進むと女湯の露天入口。その奥が、男湯露天の入口になります。
男女とも内湯、露天と入口が別ですが、男湯の方は、浴室内でつながっていて、
どちらから入ってもOK。女湯は、つながってはいませんが、内湯の方にも
露天があり、女湯の方が露天が1つ造りになっています。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯の露天入口 
相方が女湯の露天から入ると言うので、私も露天側の入口から中へ。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 露天入口側の脱衣所 
南紀勝浦温泉 ホテル中の島 露天入口側の洗面台 
脱衣所内には下駄箱はありませんので、そのまま靴を置いておきますが、
少し心配です…。※後で無い理由が判るのですが…。
脱衣所内には、やや大きめの造りの鍵付き無料のロッカーがあります。
洗面台には、ドライヤーのみ。「ホテルなのに、ずいぶん質素だなぁ~。」
と思いました…。こちらも後で判るのですが…。
温泉分析表や利用状況表も探しましたが見あたりません…。
これも後で…しつこいですね(笑)

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 脱衣所の窓からの眺め 
冗談は、さておき…脱衣所の片方は窓になっており、海を眺めることが出来ます。
この先に、どんな露天風呂が待っているか期待ワクワクで衣類を放り込み、
さっそく露天へ出るドアを開けると…。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯露天風呂「紀州潮聞乃湯」 
夢にまで見た(ちょっと大げさですが…(笑))「紀州潮聞乃湯」と名付けられた
名物露天風呂が目の前に現れました。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯露天風呂「紀州潮聞乃湯」 藤本義一氏直筆の銘々の石碑 
ちなみに、この露天風呂の銘々は、あの作家の藤本義一氏。
銘々の詳しい経緯は知りませんが、藤本氏のお気に入りの宿らしいです。
露天の隅には、銘々の記念石碑なんぞがありました。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯露天風呂「紀州潮聞乃湯」 洗い場 
洗い場は、露天出入口側に5人分ほど。備え付けは、ボディソープ、
リンスINシャンプー。すぐ横が海なので船虫がチョロチョロ居るのがご愛敬。
お清めを済ませ、まずは最上段の洞窟風呂へ。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯露天風呂「紀州潮聞乃湯」 洞窟風呂の入口 
洞窟風呂は、天然の物ではなくディズニーのように造り物で、
ちょっと興ざめですが…(笑)

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯露天風呂「紀州潮聞乃湯」の洞窟の中の湯口 
中に入ると、奥にある湯口からゴボゴボと凄い音を立てています。
まるで間欠泉の様です。
湯口側なので、お湯の温度は、やや熱めの43度強くらい。
湯口から投入されるお湯の泉質は、含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。
後で発見した温泉利用状況表には、未加温、未加水(夏期は加水あり。)循環、
掛け流し併用で塩素消毒剤は、清掃時のみ使用とありましたが、
露天に関しては、未加温、未加水(夏期以外)、掛け流しで利用と思いました。
でも間違っていたらごめんなさい。
お湯はサラサラとした湯触り、無色透明で細かな湯の花が舞い、
塩味、硫黄臭で、塩化物泉で、これほど強い硫黄臭がするのは
初めての経験です。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯露天風呂「紀州潮聞乃湯」 洞窟風呂からの眺め
洞窟風呂の入口からは光が差し込み、ちょっと神秘的な感じです。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯露天風呂「紀州潮聞乃湯」 中段の湯 
次は、中段にある浴槽に移ります。この中段がメイン浴槽で、やや浅めの
造りながら30人ほどは浸かれる大きさで、温度は43度弱くらいでした。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯露天風呂「紀州潮聞乃湯」 男湯露天から見た女湯露天 
ここから上を見上げると、女湯の露天。どうやら上からは、
男湯露天が丸見えの様です(笑)
相方曰く、女性も景色に見とれて柵に近づくと
下から丸見えになるので注意が必要とのこと…。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯露天風呂「紀州潮聞乃湯」 下段の湯の外はすぐ海(^^) 
最下段にある浴槽は、上から順番にお湯が流れ適温の42度くらい。
浴槽の下を見ると海!!打ち寄せる波音が心地よいです。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯露天風呂「紀州潮聞乃湯」に浸かりながらの眺め 
浸かっての眺めは素晴らしく、まるで海と一体になった感じです。
気持ちよさに、ついつい…。

お風呂マン~♪!? 
…貸切をいいことにアホなことをやってしまいました…。
ちなみにお風呂マンとは東海地方のある番組で登場するタレントの
石塚英彦さんが扮するキャラクターです(笑)

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯露天風呂「紀州潮聞乃湯」 露天から内湯に向かう入口 
冗談はさておき、今度は露天から内湯へ移動します。
この入口から階段を上ると男湯の内湯に出ます。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯内湯 
南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯内湯の洗い場 
内湯は、巨大ホテルらしく大きめな造りで、40~50人は浸かれる大きさ。
洗い場の備え付けは、露天の同じくボディソープにリンスINシャンプー。
お湯の利用状況は表に記載通り、未加温、未加水(夏期は加水あり。)、
循環、掛け流し併用と思われます。
他の方のレポートにあった内湯の塩素臭の強さは、まったくと言っていいほど
感じませんでした。しばらく浸かっていると、塩化物泉らしく汗がダラダラ…。
休憩の為に内湯の脱衣所へ。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯内湯の脱衣所 
内湯の脱衣所は、露天の脱衣所に比べ3倍ほどの大きさがありました。
こちらには下駄箱もあり、休憩用の椅子も置かれています。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯内湯の洗面所 
洗面台には、露天脱衣所には無かった、クシやブラシ、ひげ剃り、
各種化粧品類などが備え付けられていました。

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯内湯の脱衣所に掲示してあった温泉分析表 
南紀勝浦温泉 ホテル中の島 男湯内湯に掲示してあった利用状況表
脱衣所の壁には、温泉分析表と利用状況表も掲示されており、
どうやら私は入る順番を間違えたようですね…(笑)

南紀勝浦温泉 ホテル中の島 休憩処 
湯上がり後は、フロントから浴室へ向かう廊下沿いにあると休憩処で
休むことが出来ます。休憩処には、飲料自販機もありますが、
無料の給水器もあり 水分補給をしながらゆっくり休むことも出来ます。
さすがにホテルですので横になるスペースはありませんが…。
2時間ほどの滞在でしたが、湯上がり直前に他の入泉客(宿泊客?)と
ご一緒しただけで、ほぼ貸切状態で名物露天風呂を堪能することが
出来ました。
しばし休憩した後、玄関へ向かうと、宿泊客の団体ご一行様に遭遇。
来るときにご一緒させて頂いた仲居さん達も和服に着替えて
お出迎えをされていました。

南紀勝浦温泉 ホテル浦島を船上から望む 
帰りも同じく渡船に乗り込みますが、船上で同じく勝浦湾に面したホテル浦島を
見ながら、次に来る機会があれば、
ホテル浦島の「忘帰洞」に浸かるぞ!
と心に誓いつつ、帰路につきました。
湯上がり感は、塩化物泉らしいポカポカ感の持続があり、
身体の芯から温まりました。肌からほんわか漂う硫黄臭も心地よく、
露天からの絶景の眺めもあいまって大満足の入泉となりました。
「ゆりの山温泉」に続き、ここも文句なく5つです!
【訪問日2008.10.1】

満足度★★★★★

住  所…和歌山県東牟婁郡那智勝浦町1179 →

電  話…0735-52-1111
営業時間…14:00~20:00
定休日…無休
料  金…大人1000円 小人(小学生)500円
源泉名…中の島温泉4.5.6.7も混合泉
泉  質…含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
     (低張性 弱アルカリ性 高温泉)
 
泉  温…51.0度
P H 値…7.6
湧出量…毎分402リットル
成分総計…6,718mg/kg
効   能…慢性間接疾患・リューマチ・皮膚病・糖尿病・胃腸病・婦人病など
施  設…露天風呂・内風呂・休憩処
備  品…ボディソープ・リンスINシャンプー・ドライヤー・クシ・ブラシ・ひげ剃り・
       各種化粧品(無料)
宿  泊…可
宿泊予約サイト 
【楽天トラベル】で予約

           
【じゃらんnet】で予約



温泉利用状況…加水…○ 加温…× 循環…○ 入浴剤…× 消毒…○ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します♪ 
    

満足度別一覧  泉質別一覧  県別温泉一覧  入 泉 記 録
HOME




宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| 和歌山県の温泉 | | comments:16 | trackbacks(-) | TOP↑

あぁ!

こんなところでお風呂マンに出会えるとは~ ヾ(^ω^*) 。
もちろん脱衣所からちゃんと変身されたのですね!(ちなみに私の携帯着メロレパートリーの中にお風呂マンのテーマがダウンロードされています)

それはさておき泉質が硫黄と塩化物の組み合わせとは相当温まりそうですね。夫婦で温泉三昧、いいところばかり行かれますね~。私にはとても無理ですが、地味に温泉めぐりしていきますよ。

これからもお風呂マンになった温泉おやじさんを応援していきま~す( ̄ー ̄)。

| 東海温泉馬鹿一代目 | 2008/12/10 00:02 | URL |

いらっしゃい♪一代目さん^^

いやぁ~いい年して馬鹿なことをやってしまいました(笑)
ちなみに脱衣所からは…勇気がありませんでした(^^;)
私の携帯もお風呂マンのテーマが流れますww

この日は昼から天候が良くなり、海辺沿いの露天でも風もなく寒くは
無かったのですが、ここのお湯は真冬でも湯上がりに寒い思いをすることは
無さそうです。
塩化物泉で、これほど強い硫黄臭のするお湯は初経験でしたが、
ゆりの山の優しいお湯の後に、ガツン系のお湯に浸かることが出来て、
いい1日でした(^^)

追伸…お風呂マンを今後やるのは未定ですww
だって他の人にもし見られたら…(笑)
まぁ~でもノリの良いアホおやじと見てくれますかね?(爆)

| 温泉おやじ | 2008/12/10 20:50 | URL |

Σ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ~

「中の島」は私も泊まった事あります~ヾ(*´∀`)ノ
懐かしいですねぇ~e-267
過去の記憶をたどりながら読んでました(笑

近くで・・・するめを買った気がします!(笑 

しかし、ここで貸切りとは幸せですね~(*^□^*)♪

| 英華 | 2008/12/12 22:49 | URL |

いらっしゃい♪英華さん^^

英華さんもアチコチ行かれていますね~。
するめって漁港周辺の海産物屋ですか?
私も帰りに桟橋降りてすぐの海産物屋で買って来ましたw
平日の宿泊客の居ない時間帯でしたので貸切でしたが、
立ち寄りでない限りきっと難しいのでしょうね。

| 温泉おやじ | 2008/12/13 14:32 | URL |

そうかも!(笑

漁港周辺でした~(笑

するめが美味しそうで・・・(´∀`*)アハハハ

和歌山は実家の大阪からも近いので交通の便が良いんですよね~e-267

| 英華 | 2008/12/14 00:43 | URL |

中の島はええだすよね 海近いし 釣りでけるし

| ますお | 2008/12/14 19:04 | URL |

するめは美味いですよね~。

たぶん私も所で買ったと思いますww
和歌山は大阪から便がいいですよね。名古屋からだと、けっこう大変なんですが、
関西人にとっては、けっこう近場の温泉地って感じなんでしょうかね(^^)

| 温泉おやじ | 2008/12/15 21:26 | URL |

いらっしゃい♪ますおさん^^

はじめまして、ますおさん(^^)
コメントを残して頂きありがとうございます。
私は釣りの趣味はありませんが、確かに中の島は、回りは海ですから
釣りもしたい放題って感じですね。
ホテルスタッフの接客も感じが良かったので、今度は泊まりで…
と思っていますが、いつのことになるやら…財布との相談です(笑)
また遊びにきて下さいね~(^^)

| 温泉おやじ | 2008/12/15 21:31 | URL |

こんばんはー。はじめまして。大阪在住、現在は派遣で新穂高温泉で住み込みをしてます(笑)。
検索でこちらに来ました。
十津川や和歌山にも来ていただいていると読んで喜んでいます(笑)。
僕は東海地方が初めてなので勉強させて頂きます。よろしくお願いいたします。

| nao | 2008/12/17 23:54 | URL |

いらっしゃい♪naoさん^^

はじめまして~(^^)
派遣で新穂高の住み込みですか。そう言えば、私も何回か宿泊した時も民宿とかにアルバイトの若い方が結構いらっしゃいました。なれない土地でいろいろ大変でしょうが頑張って下さいね。これから奥飛騨も冬本番を向かえますね。雪の奥飛騨も素敵なんでしょうね。何回も奥飛騨には行っているのですが、雪道が苦手な私は、いまだに雪の奥飛騨は見たことがないのですよ(笑)
また遊びに来て下さいね~。これからもよろしくお願いします(^^)

| 温泉おやじ | 2008/12/18 19:35 | URL |

行きました行きました、中の島。露天風呂から内湯までの裸で行ける廊下が、結構長かったことを思い出します。一瞬温泉にいることを忘れて、素っ裸でビルの中歩いてるような錯覚を覚えたり。

あの露天風呂はホントにのんびり出来ました。よく晴れた休日でしたので、一時間以上、出たり入ったりを繰り返しました。入り江に面しているので余計に静けさが際だつんですよね。

ホテル浦島はまだですか? 忘帰洞はすごいですよー
中の島が静かなイメージなら、浦島は迫力のイメージです。言ってることがよく分かりませんが、きれいな対称を見せる温泉旅館でした。
いま書いている連載のゴールが紀伊勝浦ですので、いつのことになるやら分かりませんが、お楽しみに。

| 三碧星 | 2010/05/24 20:08 | URL |

Re: Re: タイトルなし

> いらっしゃいv-48三碧星さん(^^)
> お返事遅くなりましたm(_ _)m
>
> 男湯の脱衣所は2ヶ所あるんですよね。大きい方の脱衣所を利用すると露天まで三碧海さんの言われるように裸で階段を降りないといけないからちょっと大変(^^;)
> レポートでは、アホな事をやっていますがww入江を行き交う船を眺めながら湯に浸かっていると抜群に現実逃避出来ますよね(^^)
>
> ホテル浦島は残念ながらまだです。なかなか行く機会がとれなくて…(^^;)
> たぶん秋から冬ぐらいに和歌山の温泉巡りに出かける予定ですので、その時に行ってみますよ。

| 温泉おやじ | 2010/05/28 11:58 | URL |

????

明日中ノ島へ行きます。楽しみです。

| おかちゃん | 2012/04/12 11:15 | URL |

Re: ????

v-48おかちゃんさんへ。
中の島へ行かれるのですか。明日は天気も良さそうですし
楽しんできて下さいねv-290

| 温泉おやじ | 2012/04/12 12:42 | URL |

すごい温泉ですね。

温泉おやじさん、コンニチワ

写真を見ていると、すごい温泉!!

一度行ってみたいです。

遠いので、日帰りでなく、宿泊で行ってみたいです。

「浸かっての眺めは素晴らしく、まるで海と一体になった感じです。
気持ちよさに、ついつい…。 」の写真を見ると海と繋がっているように
見えますが、実際はどうなのですか?




| ジロウ | 2012/11/05 00:55 | URL |

Re: すごい温泉ですね。

v-48ジロウさん
湾内なのでどーんと海が広がっている景色ではありませんが、海側の露天浴槽に浸かると海と一体になった感じには見えますよ。実際には、海は1メートル以上は下なので繋がってはいませんがね。海のすぐ横というと「白浜温泉 崎の湯」http://onsenoyazi.blog81.fc2.com/blog-entry-166.htmlもおすすめです。こちらは一番下にある浴槽が海のすぐ横にあります。ただし満潮時や悪天候の時は海の底に沈んでしまい入ることが出来なくなってしまいますが…。南紀勝浦に行かれるなら「湯川温泉 ゆりの山温泉」http://onsenoyazi.blog81.fc2.com/blog-entry-241.htmlもおすすめです。ドバドバの掛け流しでぬるめの湯が極上です。

| 温泉おやじ | 2012/11/10 17:34 | URL |

【コメントについて】
管理者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは予告なく削除することがあります。新たに掲示板を作成致しました。そちらにも書き込みを頂けると嬉しいです。














非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。