PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

草津温泉 白旗の湯

草津温泉 白旗の湯 外観
「熱の湯」で湯もみ体験をした後、さっそく草津温泉の18ヶ所ある共同場の1つ、
「白旗の湯(しろはたのゆ)」へ。「熱の湯」と公衆トイレを挟んですぐ隣にある。
「白旗の湯」は湯畑前にあるせいか、いつも入泉客で混雑しているとのこと。

草津温泉 白旗の湯 由来が書かれた石碑
「白旗の湯」の歴史は古く、入口にあった石碑によると源頼朝が
建久四年(1193年)八月三日に浅間山麓で狩りをした時に、この場所に
涌出する温泉を発見し入浴したそうだ。
最初は、「御座の湯」と言われてたそうだが、明治三十年に源氏の白旗に
因んで「白旗の湯」と改称されたとのこと。現在の建物は平成4年に
建て替えられたものだ。

草津温泉 白旗の湯 男湯入口草津温泉 白旗の湯 女湯入口
相方と待ち合わせ時間を決め、さっそく男女別の浴室入口から中へ入る。

草津温泉 白旗の湯 下駄箱
草津温泉 白旗の湯 脱衣所
中へ入るとすぐ左側に木製の下駄箱。その裏側に脱衣カゴが置かれた
木製の棚がある。以前は、女湯の方にだけ鍵付きのロッカーがあったそうだが、
現在は無い。貴重品類は極力持ち込まない方が無難。
5人ほどの先客が居たが、湯上がりで服を着ている最中。
奇跡的にしばらくの間、貸し切りでの入浴になった。 

草津温泉 白旗の湯 ぬる湯横のガラス窓
脱衣所と浴室との境に扉はなく、浴槽の部分に仕切り用の磨り硝子窓が
あるのみ。このガラス窓には装飾がされており、なかなかモダンな感じ。

草津温泉 白旗の湯 ぬる湯
草津温泉 白旗の湯 あつ湯 
浴室内の床や天井、浴槽に至るまですべて木造づくり。浴槽は左右に2ヶ所ある。 

草津温泉 白旗の湯 あつ湯 
右側奥にあるのが、あつ湯。白濁の湯が満たされている。
泉質は、酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉[硫化水素型]。
未加温、未加水、未消毒で掛け流し。湯の温度は体感で45度以上。
湯の温度に身体を慣らすため浴槽の湯をすくい掛け湯をするが、
熱さで身体がビリビリとする…。
身体に充分掛け湯した後、最後に頭に湯を数十回ほど気合いで掛けて
浴槽に身を沈める。

草津温泉 白旗の湯 あつ湯 
思わず小さくうなり声が出てしまった…。
手足の先は熱さで痺れ、顔から汗が噴き出してくる。
湯はサラサラとした感触で、pH2.0の強酸性。強い酸味、苦み、
やや弱い硫化水素臭を感じ、湯の中には細かな白い湯の花も舞う。 
気合いで我慢したが、2分が限界だった…。
浴槽から上がり、板張りの床に座り込んでしばしらくクールダウン…。 

草津温泉 白旗の湯 ぬる湯
もう1つの浴槽は、薄暗い中、磨りガラスを通ったやわらかい光で照らされ、
ちょっと幻想的な雰囲気。

草津温泉 白旗の湯 ぬる湯 
こちらは、ややぬるめの湯で満たされ、体感で43度ほど。
43度もあれば普通は熱めの湯になるが、45度以上の湯に入った後は、
ずいぶんぬるく感じた。
湯は、壁から1.5メートル程の木製の樋をつたわって浴槽に投入されている。
自然冷却で温度を下げて投入しているようだ。湯は、あつ湯ほどの白濁はなく
やや白濁透明 。常連さんの話によると湯の温度や濁りなどは、
日によって変化するとのこと。

草津温泉 白旗の湯 女湯
女湯の方は、こんな感じ。あつ湯とぬる湯が隣同士に並んでいる。
もちろん私は入れないので、相方が撮影。 

草津温泉 白旗の湯 湯気抜きのある天井 
ぬる湯浴槽の上は、高い湯気抜きになっていた。格子窓から入る光に照らされた
湯煙がいい感じだ。

草津温泉 白旗の湯 ぬる湯に浸かる温泉おやじ
のんびり浸かっていると、やっと観光客らしき入泉客が数名立て続けに
入ってきた。挨拶を交わし、しばらく世間話や温泉の話をした。
こうしたふれあいは楽しいものだ。

草津温泉 白旗の湯 温泉分析表  草津温泉 白旗の湯 入浴の案内 
温泉分析表が見あたらないので、湯上がり後に探すと入口の壁に
平成15年分析の温泉分析表と利用時間の案内が掲示してあった。
以前は、24時間入浴出来たようだが、マナーの悪い入泉客が多かったようで、
夜中は入浴不可になってしまった。
何事もそうだが、社会人としてルールやマナーは最低守るべきもの。 
草津観光協会のHPにもこんな注意書きがあった。

「共同浴場は観光用ではありません。地域住民の生活のお風呂です。
つねに“もらい湯”の心を忘れずにご利用下さい。」

湯上がり後は、共同湯前の木製のベンチで湯畑を見ながらひと休み。
泉質と温度が高いせいか非常に温まる湯だ。サッパリとした感じもするので
意外と夏でも良いかもしれない。
湯畑周辺にある食事処で遅めの昼食と休憩を取り、草津2湯目に向かう。
【訪問日2008.5.13】

【再訪1】……………………………………………………………………
草津温泉 白旗の湯 白旗源泉 
草津温泉 白旗の湯 白旗源泉 
2009年5月7日に約1年ぶりに再訪をした。今回は、同じ群馬県の
「川原湯温泉」に訪問した後に草津入り。
今回の再訪で、写真の追加とレポートの手直しを行った。
写真はすぐ横にある「白旗源泉」。
相方が女湯でご一緒した地元の方の話によると草津の中で白旗源泉が
一番良いお湯とのこと。
家の近くにある共同湯には行かず、いつも白旗の湯までわざわざ来るそうだ。
「湯畑源泉に入るなら何処がいい?」と相方が聞くと、
「湯畑なら「関の湯」が一番お湯がいいよ。」
と教えて頂いたので、「大滝乃湯」の再訪前にもう1ヶ所入泉することにした。
【再訪問日2009.5.7】

満足度★★★★☆

住  所…群馬県吾妻郡草津町草津 →
電  話…無  
営業時間…5:00~23:00
定休日…無休
料  金…無料
源泉名…草津温泉 白旗の湯 
泉  質…酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
      [硫化水素型](低張性 酸性 高温泉)
泉  温…53.6度 
p H 値…2.0
湧出量…毎分1508リットル
成分総計…1,619.08mg/kg
効   能…きりきず・糖尿病・慢性婦人病・高血圧症・動脈硬化症・
      慢性皮膚病
施  設…内風呂
備  品…無
宿  泊…不可
宿泊予約サイト 【楽天トラベル】草津温泉のおすすめの宿

           【じゃらんnet】草津温泉のおすすめの宿


温泉利用状況…加水…× 加温…× 循環…× 入浴剤…× 消毒…× 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
ランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します♪ 
    

満足度別一覧  泉質別一覧  県別温泉一覧  入 泉 記 録
HOME





宿・ホテル予約ならじゃらんnet






| 群馬県の温泉 | | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

なんかいい感じですね~♪
今抱えてるお仕事終わったら
また温泉行こうっと♪

| のーら。 | 2008/05/17 21:23 | URL |

ここは・・・

ボクも大好きなお湯のひとつです。
草津では白旗と川原の湯は外せませんね!

| 風來坊主 | 2008/05/18 08:07 | URL | ≫ EDIT

いらっしゃい♪のーら。さん^^風來坊主さん^^

のーら。さんへ
共同浴場の雰囲気は良かったですよ~。たまたま貸し切りだったので更に良かったですww
是非、癒されに温泉行って下さい(^^)

風來坊主さんへ
草津温泉は初めて行ったのですが、いっぺんで気に入ってしまいました(^^)
今度は湯治気分で連泊で行きたいくらいですよ。共同湯は地蔵にも入ったのですが、ここもなかなか良かったです。

| 温泉おやじ | 2008/05/18 18:43 | URL |

草津大好きです~♪

私も昔、「つつじ亭」という旅館に泊まりましたが、そちらのお湯はとてもヌルヌルしていて私には気持ち良くて、いっぺんで草津のお湯のファンになりました♪
今でも一番好きなお湯です~ヾ(*´∀`)ノ
同じ草津でも、場所によってお湯が違うのですねぇ~~~!

| 英華 | 2008/05/19 19:24 | URL |

次はどこですか~?

こんばんは、草津温泉白旗の湯がほぼ貸切とはうらやましい(^^ゞ。しかも2つの湯船が違う温度に設定されているとは・・・。 草津共同湯のなかでも一番混み合うのがここらしいですよ。

また行きたい温泉の1つですねぇ(´ー`)ノ

| 東海温泉馬鹿一代目 | 2008/05/19 23:05 | URL | ≫ EDIT

いらっしゃい♪英華さん^^一代目さん^^

英華さんへ
お返事遅れましたm(_ _)m今回の草津訪問で4つの源泉に浸かってきましたが、大きくは違わないにしろ1つ1つ個性はありました。同じ泉質名のお湯でも色んな違いがあって温泉巡りしているとそれが結構面白いですね(^^)
草津温泉は良い所ですよね。いっぺんでファンになりました(^^)

一代目さんへ
お返事遅れてすいませんm(_ _)m
>次はどこですか~?
大滝乃湯です(^^;)なかなかアップが進まず苦労してますww
貸し切りはビックリでした。ラッキーでした(^^)やはり場所が湯畑前ですからね。一番混むのも納得ですね。一代目さんのレポートを見ると湯舟の温度は一緒だったようですが、本来は2つの湯舟の温度は違うようです。湯の白濁もあつい湯の湯舟が透明でぬる湯の方が白濁が強かったり、日?によって変わるようですね。
>また行きたい温泉の1つですねぇ(´ー`)ノ
同感です!!でも愛知から遠いですよね…(>_<)

| 温泉おやじ | 2008/05/21 18:42 | URL |

昔の「白旗の湯」

 ”白旗の湯”10年以上前に一度入浴したことがありますが、その当時の浴場は、とても風呂があるとは思えないような、湯畑横のコンクリートの三角屋根の、まるで倉庫みたいな建物でした。
 朝一で入ろうとしたら、男女とも激熱!!
前の晩入ったヤツが湯口のコックを開いたまま帰ったらしく、とても入れる状況ではありませんでした。が、当時の白旗の湯は男女の仕切り壁に、天井までの棚があって、そこに何十個もの洗面器が・・その中に湯を入れて冷ましてあり、つまり、熱かったら、それで調整してね、っていうことで、男女のすべての洗面器の冷まし湯を、少しでも温かった女湯へ投入してやっとこさ入浴したことを、覚えてます。(男女間は脱衣場の小さなドア1枚、つまり急遽混浴状態)
なんせ、源泉温度が高温で、源泉が浴槽の真裏30センチ!水は無しですから。

| ルーン | 2011/06/26 15:44 | URL | ≫ EDIT

Re: 昔の「白旗の湯」

v-48ルーンさんへ。

白旗の湯も10年前は、今では考えられないほど簡素な感じだったんですね。
入泉出来ないほどの激熱とは、えらい災難でしたね(^^;)
2回目の訪問の時には浴室内に大きな漬け物樽(よくあるプラ製のヤツ)に
水がはって置いてありました。加水用なのか、かぶり湯用なのかよく判らなかったのですが
地元の親父は水を頭からかぶって、のぼせ防止をしていた事を思い出しました。
草津の湯は何処も熱いですが、私が入泉した中では煮川の湯が一番でした。
とにかく熱いの何の…(笑)
でもあつ湯一番は、最近行った下諏訪の旦過の湯かな…荒行レベルでしたよ(^^;)



| 温泉おやじ | 2011/06/26 18:34 | URL |

【コメントについて】
管理者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは予告なく削除することがあります。新たに掲示板を作成致しました。そちらにも書き込みを頂けると嬉しいです。














非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。