PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

曽爾高原温泉 お亀の湯

曽爾高原温泉 お亀の湯 外観
愛知県から国道25号線をひたすら走って3時間半…。
奈良県の曽爾高原(そにこうげん)にある「曽爾高原温泉 お亀の湯」へ
行ってきました。
いきなり奈良県の温泉からですが…(笑)
昨日行ってきたばかりなのでブログ温泉おやじの湯巡り日記の記念すべき
第1湯として書きます。
朝早く出たのですが曽爾村についたのはお昼前。山道を上がると目指す、
まだら模様の屋根瓦のお亀の湯が出現。
早く温泉に入りたい気持ちを抑えつつ、まずは相方の希望の曽爾高原の
ススキの原っぱを見に行きました。

すすきの原っぱ曽爾高原
更に山道を上り、駐車場代600円なりを支払い愛車を停め、
ススキの原っぱをしばし散策。写真をバシャバシャ撮り、
相方は名残り惜しそうでしたが、そそくさに退散して
今日の大本命である
「お亀の湯」へ向かいます。 

曽爾高原温泉 お亀の湯 玄関曽爾高原温泉 お亀の湯 下駄箱
木造建築のなかなか良い感じの建物を入ると、左手に無料鍵付きの下駄箱が
あります。すぐ横にある券売機で入泉券を購入後、脱衣所前の受付で提出します。
ちなみに下駄箱の鍵は自己管理です。さっそく暖簾をくぐり脱衣所中へ。
「う~ん…なんだか異様に人が多いです…。」
観光シーズン真っ最中でハイキングの団体さんが多く、平日の人の居ない
温泉施設に入り慣れている私には、この混雑は閉口ぎみでした…。

曽爾高原温泉 お亀の湯 脱衣所曽爾高原温泉 お亀の湯 洗面台
脱衣所のロッカーは鍵が付いている所が空きです。
ロッカーは100円リターン式で大きさは標準的なもの。
洗面台にはドライヤーと各種化粧品が置いてありました。
浴室へ入るとすぐ掛け湯があります。
洗い場は、壁沿いに仕切り有り、無しの2タイプ。
ボディソープとリンスINシャンプーが備え付けです。

お亀の湯お亀の湯露天2
木を基調にした内湯浴槽は主浴槽と源泉浴槽の2つ。
主浴槽は、未加水、加温、循環、塩素消毒付きで利用していますが、
やや塩素臭は強め…。
源泉浴槽は、未加水、加温、塩素消毒付きで掛け流しです。
源泉浴槽はおじちゃん連中に占領されていたので、主浴槽にちょっとだけ浸かり
露天スペースへ出ます…。
曽爾村の山々が見渡せる開放感タップリの露天風呂は広めの造り。
ボタン式の打たせ湯もあります。満たされるお湯は内湯主浴槽と同じですが、
塩素臭は少なめでした。僅かに白濁したお湯はヌルヌルした感触。
なかなかの浴感です。
ゆったりと浸かりたかったのですが、続々と人が入ってくるので、源泉風呂に
少しだけ浸かり、そそくさと浴室を出ました…。
※露天や内湯浴槽の写真はお借りしたものです。

曽爾高原温泉 お亀の湯 食事処曽爾高原温泉 お亀の湯 畳敷きの休憩処
湯上がり後は受付前の縁台や食事処前の休憩スペースで休むことが出来ますが、
やや狭いのが難点ですね…。
外には平日のみ利用可の足湯や温泉スタンドもあり、別棟ですが、レストランや
パン工房などの施設もありました。
ロケーションの良い温泉施設だと思いますが、のんびりゆったり派はオフシーズン
に来た方が良いですね。
【訪問日2006.10.27】

【再訪1】……………………………………………………………………

曽爾高原温泉 お亀の湯 正面にある門
2008年2月15日に約1年4ヵ月ぶりに再訪してきました。
湯巡り日記のレポート1湯目なので思い出深い施設です。
今回の再訪で初訪問時の写真の追加と文章の手直しをしました。
前日?に降った雪で曽爾村へ向かう道は所々積雪&凍結があり、
ノーマルタイヤの私の車では、少々ヒヤヒヤものの運転を強いられました…。
やっとのことでオープン時間の30分程前に施設に到着。まだ時間があるので
下側の駐車場にある足湯を見に行くと…。

曽爾高原温泉 お亀の湯 足湯曽爾高原温泉 お亀の湯 足湯
まだお湯が張られていませんでした…。どうやら開店時間前は利用出来ない
みたいです…。
開店時間近くになって玄関へ行くと平日だと言うのに10名ほどの行列が
出来ていました。相変わらず人気がある施設ですね。
入泉料金やシステムに変わりはありません。
でも平日500円と土日祝700円では、差がありすぎるように思うのは
私だけでしょうか?
※平成23年5月に料金の改訂が行われて平日600円に値上げされました。
受付前の壁に立派な額に入れられた平成15
年分析の温泉分析表と
利用状況表が掲示してありますが、何故か利用状況表は、
源泉浴槽のものしかありません…。
浴室は前回と違い脱衣所入口に向かって右側です。
浴室は週替わりで毎週木曜日に入れ替えるとのこと。

曽爾高原温泉 お亀の湯 内湯浴室内
内湯は岩を基調にした造りで主浴槽と源泉浴槽の2つがあります。
各浴槽は隣に比べて一回り大きめの造りです。浴室内には5~6人程で
前回の芋洗いに比べれば、のんびり~ゆったり~と天国のような状態です(笑)

曽爾高原温泉 お亀の湯 掛け湯曽爾高原温泉 お亀の湯 洗い場
浴室入ってすぐ右側に岩組の掛け湯。仕切り有り無しがある洗い場には
前回と同じくボデイソープとリンスINシャンプーが備え付けでした。

曽爾高原温泉 お亀の湯 内湯の主浴槽
主浴槽は42度と適温。未加水・加温・循環・塩素消毒付きの利用状況は
変わらず。お湯のヌメリも変わらずなかなかの浴感です。
しかし…塩素臭が気になります。もう使用量を少し減らして欲しいですね…。

曽爾高原温泉 お亀の湯 源泉浴槽
源泉浴槽は8人ほどが浸かれる大きさ。泉温は40度とぬるめで長湯可能ですが
あまり身体が温まる泉質では無いので寒い時期は出るに出られなくなりますね。
僅かな鉱物臭と苦みのあるお湯は、循環湯よりヌメリは強めで
「平谷温泉ひまわりの湯」に匹敵する程だと思います。
居合わせた常連さんの話によるといつもよりヌメリ感が強いとのこと。
どうやら源泉のコンディションが良い日に訪問したようです。
浴槽の表示には「源泉掛け流し」とありますが、竹筒の湯口からは細々とした
投入量しか無く、2名程しか浸かっていない状態だと浴槽の縁から
お湯がオーバーフローしません…。
6人程浸かるとやっとお湯が縁から溢れる状態ですので、
掛け流しと言うよりは、「源泉掛け溜め」ですね(笑)

曽爾高原温泉 お亀の湯 露天主浴槽
露天スペースには岩組の主浴槽と同じ浴槽内に打たせ湯があります。
主浴槽は20人以上はゆったり浸かれる大きさ。前回と同じく塩素臭は、
内湯主浴槽に比べて少なめです。

曽爾高原温泉 お亀の湯 露天の屋根付き打たせ湯
打たせ湯の所だけ屋根が付いています。でもこの部分は浅くなっていて
腰までしかお湯に浸かることが出来ません。
何故この場所に屋根を付けたのか理解出来ないですね…。
露天スペースには僅かですが残雪があり、一応雪見露天?の
気分は味わえました(笑)

曽爾高原温泉 お亀の湯 露天主浴槽からの眺め
露天主浴槽からの景観は隣の方がやや良いですね…。
でも少しだけ雪をかぶった山々を見ながらの湯浴みは気分良かったです。
湯上がり感はこれぞ!炭酸水素塩泉って感じで、
しっとりスベスベテカテカって感じ。肌がつやつやになりました。
強めの肌の張りも残りますので温泉に入ったぞ~!って満足感も
高いと思います(笑)
ただ熱を持っていかれるタイプのお湯なので、寒い時期は湯冷めに
注意が必要ですね。
今回の再訪で満足度は2つから3つとアップになりました。
なかなか良いお湯でした。
※掲示板に書き込みを頂いた伊賀丸さんによると平日の料金が値上げに
なったという情報を頂きましたので施設HPを確認の上、温泉データの訂正を
行いました。平成23年5月に料金の改定が行われたようです。
伊賀丸さん、情報提供ありがとうございました。

【訪問日2008.2.15】
 
満足度★★★☆☆

住  所 奈良県宇陀郡曽爾村太良路830 →
地図
電  話 0745-98-2615
営業時間 11:00~21:00(最終受付 20:00)
定休日 毎週水曜日
料  金 平日
(月~金曜日) 大人500円 600円 小人350円
     
休日(土・日・祝日および指定日)大人700円 小人400円
源泉名…曽爾高原源泉
泉  質…ナトリウム―炭酸水素塩温泉 (低張性 アルカリ性 高温泉)
泉  温…46.3℃
P h 値…8.65
湯出量…150リットル/分
成分総計…1,749mg/kg
効  能…きりきず、やけど、慢性皮膚病など
施  設…内湯・源泉風呂・露天風呂・サウナ・水風呂・休憩室・食事処・足湯・
      温泉スタンド
備  品…ボディソープ・リンスINシャンプー・ドライヤー(無料)

温泉利用状況 加水…× 加温…○ 循環…○ 入浴剤…× 消毒…○

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
ランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します♪ 
    

満足度別一覧  泉質別一覧  県別温泉一覧  入 泉 記 録
HOME




宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| 奈良県の温泉 | | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

私もお亀の湯は父と行ったことがあるのですが、
不思議と記憶に残ってないのですよ。
写真を拝見して、「そうそう、こんな打たせ湯があったなー」とか思い出したり。
雑誌で取り上げられたり、評価の高い温泉のようでしたが、美杉村で食べたあまご定食や、
曽爾高原のことばかりが思い出されて肝心の温泉が思い出せず orz
道に迷って、途中の商店でたずねたり、懐かしくて楽しいドライブでした。

| 三碧星 | 2010/05/24 19:55 | URL |

Re: Re: タイトルなし

> いらっしゃいv-48三碧星さん(^^)
> お返事遅くなりましたm(_ _)m
>
> お亀の湯は、いろんなランキングでも上位に必ず入っている人気の施設ですよね。
> 特に向かって左側の浴室は、開放感ある露天で眺めも良いのでいろんな方に満足度が高いのでしょうね。お湯の使い方はやや不満が残りますが…w
> この施設は、温泉おやじの湯巡り日記の初めて書いたレポートなので、私も思い出深い施設でもありますよ(^^)
> 温泉施設の情報だけでは無く、そこへ行くまでのプロセスも大事ですよね。そういった情報もこれからレポートに入れていけたらなって思ってます。

| 温泉おやじ | 2010/05/28 11:58 | URL |

昨日、行ってきました。
う~ん、道中細道で大変でしたぁ~( ̄◇ ̄;)

| 名古屋人 | 2011/04/19 00:42 | URL |

Re: タイトルなし

v-48初めまして名古屋人さん(^^)

お返事が大変遅くなりまして申し訳ないです<(_ _)>
曽爾高原温泉へ行かれたのですね。

>う~ん、道中細道で大変でしたぁ~( ̄◇ ̄;)
>曽爾高原温泉の手前辺りが結構狭小の道になっていますが
ロケーションはなかなか良かった記憶があります。
ここは、この温泉ブログの初レポートの施設でもあり、
なかなか思い出深い所でもありますよ。

| 温泉おやじ | 2011/04/23 09:55 | URL |

ここにたどり着きました

お亀の湯を検索していたら、ここがヒット。
よさそうな温泉なので行きたいなぁとは思ってるのですが、
塩素 そんなにきついですか??
どんなに良い温泉であっても塩素の臭いがきつい所はげんなりします。

| きゃず | 2011/10/12 23:26 | URL | ≫ EDIT

Re: ここにたどり着きました

v-48きゃずさんへ。

先ほどリンクさせて頂きました。これから宜しくお願い致します<(_ _)>

私が訪問したのはずいぶん前なので現前は判りませんが
その時は内湯は結構強めでした。露天は気にならないレベルでしたが…。
でも露天からの眺めは良いですよ。これからの紅葉シーズンに訪問するには
良い施設だと思いますが、人気施設ゆえ週末は混雑するようですね。

| 温泉おやじ | 2011/10/13 11:33 | URL |

う~ん6回目かな

こんにちは 去年から数えて う~ん6回目の訪問かな??
家からは約2時間弱 で行けるのでここには良く来ますね。
きょうは岩風呂が男湯でした。 両方に入っているけど
自分的にはこっちの方がいいかな! と思います。
源泉掛け流しの ヌメリ感 最高です。

| 河内のタカさん | 2014/06/20 19:38 | URL | ≫ EDIT

昨日、行ってきました。

自宅(大阪府摂津市)を夕刻出発して夜19時頃到着してお亀の湯にお邪魔しました。21時閉館ということもあり、空いていてとてもゆったり入浴できました。泉質はとても「まろやかなお湯」というイメージで、個人的には夏場ということもあり、とても素晴らしい泉質と評価いたしました。(草津温泉なみになんとも言えないまろやかなお湯としか評価できないのですが、とろみのある泉質とでも言いましょうか、単にヌルヌルしたお湯とは明らかに異なります。
日本三大美人の湯もありますが、個人的にはぬる目のお湯に室内も露天もゆったり入れると言う事からすると、夏場はとても良い温泉と評価いたします。
私の相方も今まで入った中でトップクラスの温泉だと評していました。
秋口までは良いかも知れませんが冬場は少しぬるすぎて寒いと感じるのかも知れませんね。もうひとつ近くにある「姫石の湯」との比較であれば、断然、こちらをお勧めしたいと思います。

| ぷるたろう | 2014/09/08 17:21 | URL |

Re: う~ん6回目かな

河内のタカさん
随分と返信が遅くなってしまい申し訳ありませんでしたm(_ _)m
源泉掛け流しのヌメリ感が最高ですか~。
私も久々に出掛けてみようかな?
書き込みありがとうございました。

| 温泉おやじ | 2014/12/19 17:38 | URL |

Re: 昨日、行ってきました。

ぷるたろうさん
随分と返信が遅くなってしまい申し訳ありませんでしたm(_ _)m
ここの温泉はぬるめなので冬はやや厳しい感じですね。
眺めは素晴らしいものがあるので春から秋の季節に
ゆっくり露天で過ごすというスタイルが良いのかも知れませんね。
私が訪問したのが2008年ですのでもう6年も前になってしまいました。
再訪したい施設の1つです。
書き込みありがとうございました。

| 温泉おやじ | 2014/12/20 11:24 | URL |

【コメントについて】
管理者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは予告なく削除することがあります。新たに掲示板を作成致しました。そちらにも書き込みを頂けると嬉しいです。














非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。