PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あららぎ温泉 湯元館

あららぎ温泉湯元館 外観
  以前、お向かえにある
「南木曽温泉 木曽路館」に訪問した時から気になっていた日帰り温泉施設の「あららぎ温泉 湯元館」にやっと行くことが出来ました(^^)ここはる製材会社が経営している施設で、元々は従業員用の浴場として造られたそうですが評判がよかったので改装して一般開放を始めたそうです。
  施設前の駐車場に車を停め玄関へ向かいます。外観はとても温泉施設とは思えない造り…。玄関に掲げられた「ゆ」と書かれた暖簾と「温泉入浴・お食事入口」の立て看板で、やっと温泉施設だと判ります(^^;)
  中へ入るとそこは…食堂になっています。ちょっと面を食らいながらレジに居たおばちゃんに「温泉に入りたいのですが…。」と言うと「一人550円ね。温泉はそこの戸を入って奧に行くとあるからね。」と説明を受けながら入泉料を支払います。

あららぎ温泉湯元館 入浴者専用の下駄箱あららぎ温泉湯元館 貴重品BOXと浴室へ続く廊下
  靴を脱いでガラス戸を開けると入浴者用のオープンタイプの下駄箱がありました。下駄箱の反対側には100円リターン式の貴重品BOXがありますが、脱衣所のロッカーは鍵が無い物なので貴重品類は預けてから浴室へ向かいましょう(^^)長い

あららぎ温泉湯元館 女湯脱衣所入口あららぎ温泉湯元館 男湯脱衣所入口
  廊下を奧へズンズン進んで行くと男女別の脱衣所入口がありました。更に奧にはトイレがあります。

あららぎ温泉湯元館 脱衣所あららぎ温泉湯元館 洗面台
  暖簾をくぐり中へ入ると結構広めの脱衣所内に鍵無し、所々扉有りの木製ロッカーがあります。洗面台にはドライヤーのみ置いてありました。

あららぎ温泉湯元館 平成4年分析の温泉分析表あららぎ温泉湯元館 平成9年分析の温泉分析表
  温泉分析表は木製ロッカーの上に平成4年分析の物と入口にある目隠し用のついたての裏に平成9年分析のボロボロのコピーが貼られています。温泉利用状況表は何故か同じついたての下の方にコピーが貼られています…(^^;)

あららぎ温泉湯元館 平成4年分析の温泉分析表あららぎ温泉湯元館 平成9年分析の温泉分析表 
  平成の4年と9年の分析表を見比べると源泉名が違っていました。4年は「あららぎ温泉」ですが9年の方は「南木曽温泉」になっています。源泉井戸が変更になったのか、それとも2本の源泉を併用しているのか確認出来なかったので未だに不明です…。ご存じの方がいらっしゃったら教えて下さいm(_ _)m※従って温泉データーは2つの源泉を記載しています。

あららぎ温泉湯元館 洗い場
  浴室へ入ると右奧の壁沿いL字型に仕切り無しの洗い場が並んでいます。備え付けはボディソープ、シャンプー、リンスです。浴室は2006年12月に改装されたそうで、改装前は床、壁、天井、総て木曽檜造りだったそう…。「もっと早く来れば良かったな…。」とちょっと後悔しながら木曽五木のコウヤマキで造られた浴槽に浸かります。浴槽は1つ、内湯のみで露天はありません。

あららぎ温泉湯元館 内湯主浴槽
  浴槽は5人も入れば一杯の小さなもので、アルカリ性単純温泉を未加水・加温・消毒無しで掛け流しです。お湯は僅かに白濁りのある無色透明で微鉱物臭、微硫黄臭を感じ、ヌメリ感のあるトロリとした感触。木の香りも良い感じです(^^)/同源泉を利用している「木曽路館」のお湯とは別物です。やはり循環ろ過によって失われる物は大きいのですね~。実感出来ました(^^;)

あららぎ温泉湯元館 内湯主浴槽の湯口
  湯口は隅にある鍵が付いた木製の箱。下からお湯が投入されていますが投入量は僅か…。湧出量はけっこう多めなのに湯元館で使用される量は少ないようです。欲を言えば他所様へ回す量を少し減らしてドバドバと流して欲しいですね~。勝手な希望ですが…(笑)

あららぎ温泉湯元館 内湯からの眺め
  ガラス窓から外を覗くと裏の家が見えます…。丸見えでした(笑)女湯の方は一応目隠しはあるようです。40分ほどの入泉でしたが、素晴らしいお湯を殆ど貸し切りで満喫出来ました( ̄ー ̄)

あららぎ温泉湯元館 畳敷きの休憩処あららぎ温泉湯元館 休憩処
  湯上がり後は廊下の途中にある畳敷きの休憩処でゴロンと横になって休むことが出来ます。湯上がりは身体の芯からポカポカ~、肌はツヤツヤしっとりで久々に味わった素晴らしい湯上がり感です。いいお湯でした~(^^)/

  時刻はちょうど午後1時。食事がまだだったので施設の食堂で食べようか迷ったのですが、総合リンクでお世話ってなっている東海温泉馬鹿一代目さんに以前教えて頂いた蕎麦屋が国道19号線沿いにあるのを思い出したので、そこで昼食を取ることにしました。この選択がまたまた素晴らしい温泉に出逢うきっかけになるのですが…。それは次回で(^^)
【訪問日2008.3.14】

満足度★★★★☆

住  所…長野県木曽郡南木曽町吾妻起シ2333 →

電  話…0264-58-2365
営業時間…10:00~21:00
定休日…火曜日
料  金…大人550円 小人300円
平成4年分析の温泉分析表より
源泉名…あららぎ源泉
泉  質…アルカリ性単純温泉(低張性 アルカリ性 低温泉)
泉  温…28.3度
P H 値…9.4
湧出量…毎分237リットル
成分総計…481.5mg/kg
平成9年分析の温泉分析表より
源泉名…南木曽温泉
泉  質…アルカリ性単純温泉(低張性 アルカリ性 温泉)
泉  温…39.1度
P H 値…9.0
湧出量…毎分357リットル
成分総計…431.8mg/kg
効   能…皮膚病・神経痛・リューマチ・関節痛など
施  設…内風呂・休憩処・食事処
備  品…ボディソープ・シャンプー・リンス・ドライヤー(無料)

温泉利用状況…加水…× 加温…○ 循環…× 入浴剤…× 消毒…× 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  
ランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します♪
     
     

      
満足度別一覧  泉質別一覧  県別温泉一覧 
            
再 訪 記 録  入 泉 記 録




宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| 長野県の温泉 | | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

改装されたね

こんばんわ。改装前に数回いきました。すべて檜?でできてので木のいい香りがしました。それなら★×5だったかも(笑)食堂も新しくなったような感じですね。言い忘れました、外見はぱっとしないけど私も泉質は木曽路館よりいいと思います!

| 満点パパ | 2008/03/19 21:23 | URL |

改装前

昔は総檜造りで豪華でしたよ~(^^ゞ
湯船に取っ手らしきものが付いたのですね。私が評価したときにはありませんでしたよ。

さらにあの蕎麦屋を見つけられましたか~。その話も楽しみにしていますね~(≧∇≦)/

| 東海温泉馬鹿一代目 | 2008/03/19 21:47 | URL | ≫ EDIT

いらっしゃい♪満点パパさん^^

改装前に行かれたのですか。いいですね~(^^;)総檜造り入りたかったです(>_<)お湯は断然「あららぎ温泉」の方が上ですね。同じ源泉でも湯使いで変わる事がよく判りました。

| 温泉おやじ | 2008/03/20 12:17 | URL |

いらっしゃい♪一代目さん^^

木の浴槽は滑りますからね。手すりを付けられたのは正解でしょう。お年寄りが多そうでしたしね。
蕎麦屋は以前に一代目さんから聞いた時からいつか行こうと思っていて何回か前を通ったのですが、いつも夜中とか早朝とかで食べる機会が無かったんですよ(^^;)でやっとこさ今回やっと食べる事が出来ました。次回のレポートで少しだけですけど蕎麦の話を書きます。

| 温泉おやじ | 2008/03/20 12:24 | URL |

【コメントについて】
管理者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは予告なく削除することがあります。新たに掲示板を作成致しました。そちらにも書き込みを頂けると嬉しいです。














非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。