PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白浜温泉 崎の湯

白浜温泉 行幸源泉湧出地
  牟婁の湯(むろのゆ)を出てから休憩がてら辺りを散策した後、旅の最終目的「崎の湯」へ向かいます。崎の湯にも駐車場はあるとのことですがせっかくなので牟婁の湯から歩いていくことにしました。海岸沿いの県道から脇へ入るとすぐ湯煙を上げるやぐらが数本建っていてここが行幸源泉の湧出地になります。温泉卵の販売店や寂れた雰囲気の喫茶店の前を通り海岸沿いに数十メートルほど歩いて行くと崎の湯の建物が見えて来ます。

白浜温泉 崎の湯 受付
  訪れた日は風が強く海の間近にある崎の湯は凄まじい風が吹き荒れていました(^^;)受付の券売機で入泉券を購入し受付のおばちゃんに渡すと「初めてかい?」と聞かれました。「初めてです。」と答えると「貴重品はここに預けてね。」と受付にある100円の有料の貴重品BOXを指さし、更にご親切に脱衣所入口まで案内して頂き湯舟の温度など細かく説明して頂きました。「おばちゃんありがとう~(^^)/」

白浜温泉 崎の湯 脱衣所入口にある崎の湯の歴史が書かれた看板白浜温泉 崎の湯 脱衣所
白浜温泉 崎の湯 脱衣所のロッカー白浜温泉 崎の湯 温泉分析表
  男女別の脱衣所入口前には崎の湯と湯崎七湯の歴史が書かれた案内板が設置されていました。脱衣所内に入ると鍵付き無料の木製のロッカーが並んでいます。下駄箱は無く入口辺りに置いておきます。平成16年分析の温泉分析表は脱衣所内の壁に掲示してありましたが利用状況などの掲示はありませんでした。

白浜温泉 崎の湯 脱衣所から見た湯舟と海
  衣類をロッカーに投げ込み脱衣所から湯舟を見渡します。太平洋の荒波が打ち寄せなかなか豪快な眺めです(^^)湯舟は脱衣所から石階段を数段降りた所に最初の湯舟があります。先客は誰も居らず貸し切りです(^_^)v

白浜温泉 崎の湯 掛け湯
  まずは掛け湯しようと辺りを見回すと女湯との境の石壁に岩を組んだ掛け湯がありました。石鹸類の使用は禁止のようで洗い場はありません。やや熱めのお湯を頭からかぶり、まずは脱衣所側の湯舟へ。

白浜温泉 崎の湯 脱衣所側の湯舟
  10数名ほどが浸かれる大きさの湯舟は温泉成分で白く変色していてやや青みがかったお湯とのコントラストが素晴らしくキレイです(^^)受付のおばちゃんの説明によると湯口に近い場所は熱く反対側はぬるいとの事でしたので手前から足を入れます。湯舟の底は自然のままなのかデコボコしていて非常に歩きにくいです(^^;)湯舟の真ん中辺りが私には適温でしたので浸かります。お湯は行幸源泉を加水、未加温、掛け流し、消毒無しで利用しています。加水に付いては水道ホースから常時水が湯舟に出されていましたが湯口の投入されている源泉が加水済みなのかどうかは不明(^^;)しかし湯口側はとても熱くて近づけないほどでした。お湯は青みがかった透明。サラリとした感触で牟婁の湯(むろのゆ)よりは強く硫黄臭、磯の香り、塩味を感じました。浸かっていると短時間で身体が温まってくるのが判ります(^^)

白浜温泉 崎の湯 脱衣所側の湯舟の湯口白浜温泉 崎の湯 湯舟の析出物
白浜温泉 崎の湯 湯口側の深くなった所白浜温泉 崎の湯 脱衣所側の湯舟からの眺め
  湯舟から1メートルほど上にある湯口も温泉成分で白く変色しており紺色がかった幾何学模様のひび割れが幾筋も入っておりオブジェの様です(^^)湯舟の縁には析出物もびっしり付いています。湯口側には1ヶ所深くなっている場所がありましたが昔の湯舟の跡なんでしょうかね?湯舟に浸かってしまうと残念ながら海は見えません。写真は湯舟から立ち上がって撮ったものです。今度は海側の湯舟へ移動します。

白浜温泉 崎の湯 海側の湯舟
  海側の湯舟はダイナミックな野趣溢れる造り。海が間近に迫っています。しかし…残念ながら訪問した時間帯は満潮の後で海水が湯舟に混入しており泉温は36度あるか無いか…(^^;)一応浸かりましたがちょっと寒かったですね(>_<)

白浜温泉 崎の湯 海側の湯舟
  湯舟の先まで行くとそこはまさに海…(笑)波しぶきを浴びながらの入泉です。 
寒さに耐えられず脱衣所側の湯舟に戻ると入泉客が2名続けて入って来られました。お一人は横浜からご夫婦で温泉巡りをされている60代の方。リタイヤ後に湯巡りを始められ全国の名湯100湯巡りが目標とのこと。もう一方は大阪から来られた20代の方で温泉に浸かりに白浜にはよく来るとの事で3人でしばらく温泉談議に華を咲かせて居る内に待ち合わせ時間をオーバーしてしまい怒れちゃいました(>_<)

お湯に浸かり満足げな温泉おやじ(笑)
  崎の湯は2004年までは無料開放されていたそうです。同年1月にリニューアルされ有料化。男湯は湯舟が二段ですが女湯は最上段に木製の湯舟があり3段になっているとのこと。木製の湯舟はリニューアル時に追加された物で湯舟からは海が一望でき眺めは女湯の方に軍配が上がりそうですね(^^)
  湯上がり後の休憩スペースなどはありませんのでその辺に座って休みましょう~。トイレはすぐ隣にありますのでご安心を(^^)湯上がり感は塩化物泉特有のポカポカ感と塩分によるものかアルカリ性によるものか肌のツッパリ感が持続します。ベタ付き感は無くサラリとした湯上がりを楽しめました。さすが日本三古湯、歴史ある温泉ですね。良いお湯でした~(^^)/

とれとれ市場
  帰り際に遅めの昼食を取るため堅田漁協直営の「とれとれ市場」へ。生鮮を中心にお菓子や漬け物などのお土産も販売しており、時間帯によっては生マグロの解体ショーなんていうのもやっていて目も舌も満足することが出来ました(^^)【訪問日2007.12.15】

満足度★★★★★

住  所…和歌山県西牟婁郡白浜町湯崎1668 →地図
電  話…0739-42-3016  
営業時間…4月1日~6月30日  8:00~18:00
        7月1日~8月31日  7:00~19:00
        9月1日~9月30日 8:00~18:00
       10月1日~3月31日  8:00~17:00
       ※最終受付は終了の30分前         
定休日…毎週水曜日
料  金…300円(3歳以上)
源泉名…行幸温泉(4源泉の混合泉)
泉  質…ナトリウム-塩化物温泉(高張性 弱アルカリ性 高温泉) 
泉  温…78.6度
P H 値…8.4
湧出量…測定不能
成分総計…11,150mg/kg
効   能…創症および火症・皮膚掻痒症および角化症・リウマチ
      性疾患・運動器障害・慢性湿疹・虚弱児童・女性性器
      慢性炎症・卵巣機能不全症・子宮発育不全症および
      月経障害・更年期障害など
施  設…露天風呂
備  品…無

温泉利用状況…加水…○ 加温…× 循環…× 入浴剤…× 消毒…× 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  
ランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します♪
     
    

     
県別温泉一覧  満足度別温泉一覧  泉質別一覧


宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| 兵庫県の温泉 | | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

羨ましい・・・

不肖も2年程前に白浜温泉を訪れた事があり、ここを楽しみにしていたのですが、生憎の臨時休業で牟婁の湯だけ入って帰ってきた苦い思い出があります。
やっぱ先の湯が良さそうですね!!
いつかリベンジするぞ!!

| 風來坊主 | 2008/01/14 09:47 | URL | ≫ EDIT

いらっしゃい♪風來坊主さん^^

臨時休業があるのですね。知らなかった(^^;)崎の湯はまた白浜に行く機会があればまた是非入りたい温泉ですね。開放感、ワイルドさは私の少ない経験でも1、2を争う所です。風來坊主さんも再リベンジして下さいね(^^)

| 温泉おやじ | 2008/01/14 12:00 | URL |

良いですね(≧∇≦)/

こんばんは~
貸切で利用とは羨ましいですね。
しかも海側の湯船まで利用できたとは~(;´Д`)
ちなみに私が行った時は温度が低かったのかお湯が投入されている深いところが一番良い湯加減でしたよ。

| 東海温泉馬鹿一代目 | 2008/01/14 23:40 | URL | ≫ EDIT

いらっしゃい♪一代目さん^^

ほぼ貸し切りでした~(^_^)vでも写真撮るには良いですけど寂しいっちゃ寂しいです(笑)海側は快適に浸かる温度では無かったですが利用は出来ました。私の時はたぶん湯口辺りは50度以上あったと思います。日によって泉温が違うのでしょうかね?そう言えば管理のおばちゃんが何回か見に来て温度確認してましたが…。崎の湯最高でしたがもう少し名古屋から近いとね…ww

| 温泉おやじ | 2008/01/15 12:27 | URL |

【コメントについて】
管理者が著しく不利益と判断するコメントや他人を誹謗中傷するコメントは予告なく削除することがあります。新たに掲示板を作成致しました。そちらにも書き込みを頂けると嬉しいです。














非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。