2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小野川温泉 尼湯

小野川の温泉街
「広河原温泉 湯ノ沢間欠泉 湯の華」
を出た後は、
米沢市内に入り米沢駅へ向かう。
ここでメンバーのS氏と合流。
その後向かったのは小野小町伝説が残る小野川温泉。
伊達政宗がこよなく愛した温泉でもあるそう。
小野川温泉には十数件の宿と共同湯が2ヶ所あり、
最近だが立ち寄りの露天風呂も出来たようだ。

小野川温泉 尼湯 外観
小野川温泉 尼湯 入口
まずは小野川温泉のシンボルである共同湯の「尼湯」へ。
シンボルらしく唐破風の屋根を持つ外観で一目でここが温泉街の中心だと判る。

 小野川温泉 尼湯 脱衣場
小野川温泉 尼湯 入泉券入れ
入泉料は200円。入泉券は隣の商店で購入する。
それぞれの脱衣棚に券が挟めるようになっていて
入泉後は回数BOXに入れて帰るというシステムだ。

小野川温泉 尼湯 温泉分析表
小野川温泉 尼湯 温泉分析表
温泉分析表は平成15年分析の物が掲示。

小野川温泉 尼湯 浴槽
脱衣スペースと浴室は一体型で浴槽もタイル張りが1つと非常にシンプル。
泉質は、含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。
無色透明でほんのり硫黄の漂う甘塩味。飲むとそんなに辛くはなく美味しい。
浴室の温度計は故障して正確な温度は不明。
体感で43度強とやや熱めの湯はお孫さんを連れた地元の年配客曰く
今日はぬるくて入りやすいとのこと…。
素朴な共同湯で大満足したが、
もう1つの共同湯「滝の湯」も気になり見学に向かう。

小野川温泉 滝の湯 外観
「滝の湯」は尼湯と同じ通りにあるが、こちらはやや地元色が強く、
やや地味な外観。
尼湯と同じく近くの商店で入泉券を購入する。入泉料も同じく200円。

小野川温泉 滝の湯 浴槽
浴室も外観同様地味な感じでこちらの方が私好みだった。
【訪問日2011.10.29】

満足度★★★★☆

住  所…山形県米沢市小野川町2472−2
電  話…0238-32-2740(小野川温泉旅館組合)
営業時間…7:00~21:00
定休日…無休
料  金…大人200円 小人200円
源泉名…協組第4号源泉
泉  質…含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(低張性 中性 高温泉)
泉  温…80.3度
p H 値…6.9
湧出量…不明
成分総計…5,768mg/kg
効   能…やけど・切り傷、慢性皮膚病など
施  設…内風呂
備  品…無
宿 泊…不可
宿泊予約サイト 

温泉利用状況…加水… 加温… 循環… 入浴剤… 消毒… 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
ランキングに参加しています。応援よろしくお願い致します♪ 
    

満足度別一覧  泉質別一覧
  県別温泉一覧  入 泉 記 録
HOME
 



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



スポンサーサイト

| 山形県の温泉 | | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。